鳥人の翼 In order to get

タグ:iphone 5 ( 67 ) タグの人気記事

ひさしぶりの400TX

e0192530_20382045.jpg
e0192530_20384990.jpg



国内量販店価格が1本597円ということもあり、欧州のトライXと言われるHP5(120)をここ一年くらい使っていたのだが
噂によると春から値上げするらしい。
買溜めするのも「なんだかなぁー」であり、
久しぶりに400TX(120)5本入りを20パッケージ100本をB&Hに発注した。
今年は長期旅行の予定もないので、自分のペースだと100本あれば一年位はフィルムに困る事はない。

国内で400TXやベルゲールの印画紙はひじょうに高価で手が届かないが
NYのB&Hだとコダック400TX5本パッケージが1箱24,25ドルとかなり安い。
運送形態はPriority Mail International(JPで日本語追跡サービス有り)を利用すると送料が79.25ドル。
高額な送料がかかるもののトータルで564.25ドルであるから、1本あたり送料含めても5.6ドルなんだよね。
ただし20パッケージ注文した場合の金額であって、ある程度まとめ買いしないと送料をペイ出来ない。

ドル・円レートが119.7円だから1本675円、納期に10日ほどかかるけど知る限りの最安値。
流通や在庫管理等、諸処事情はあると思うのだが、長引く円安にあっても国内との価格差は大きく、
送料を含めても割安感が大きい。

某量販店での400TX(135/100ft缶)の値段が3,500円程度のプライスだったので、
「こんなもんだろう」と大きく納得したのであるが、なんと一桁見間違っていて
その価格35,290円? なんかの間違いだろうと翌日に確認しても35,290円に変わりなかったよ。

………………………………………………………………….

上記価格、ドル/円レートは平成27年2月11日21時30分現在のものです。





Ibrahim Ferrer  いいなぁー、、キューバのNAT KING COLE!

ヴィム・ヴェンダースが監督した映画で一番好きなのは
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
何度繰り返し観たかわからない







by ken_kisaragi | 2015-02-12 20:39

暗室日記46 ドライマウントプレス機を導入する 2

e0192530_133177.jpg
e0192530_133212.jpg


昨日焼いたプリントをSEAL110で初プレスしてみた。
印画紙は大四つ切りベルゲールのNB である。

とりあえず温度は200F(93C)としてプレス時間は1分とする。
電源入れると10分程でサーモスタットが働いてパイロットランプが消灯するが
予熱の時間をタップリとった方が良いと聞いたので、電源を入れて30分程放置した。

事前に用意した2プライの12×15インチのマットに印画紙をサンドイッチして
乳剤面にはピュアガードを被せプレス機にセット、
いよいよプレス開始、、、プレス・レバーの手応えが想像以上に軽い、、、

e0192530_1342546.jpg



あっと言う間に1分経過し、プリントを取り出してみると
印画紙は真っ平、実にあっけなくテスト終了。
本当に540ポンド(245Kg)の圧力がかかっているのだろうか?という危惧はあったものの
とりあえずめでたし。
ちなみに110に圧力調整は無く、下敷きの板の厚みを変えて調整するらしい。

過去焼いたプリントには印画紙の端、余白部分に細かい波打ちが発生しているものがあり、
これがけっこう頑固でズボンプレッサーでは矯正出来なかった。
マットに隠れる部分だし、余白であるからカットしても良いのだが気分の良いものではない。

改めて今回プレス機をかけてみると波打ちは見事矯正された。
過去焼いたプリントを数枚プレスかけてみたところ、
印画紙の厚みにより1分ではなく余裕みて2分でもいいかもしれない。

「思ってたほどボロでもなかったし、いい買物したなぁー」などと調子にのってポンポンプレスしていく。
「ゲゲッ!」マットに小さなゴミが付いたと思われるのだが、1枚だけ印画紙に小さな窪みが出来てしまった(涙)
プレスする時は慎重にゴミの確認をしないと痛い目に遭うのです。

e0192530_1345849.jpg


使ってみて気づいた問題点は、12×15インチのプレス面であるものの、
下に敷かれた耐熱ゴムの大きさが11×14しかなく、その部分しか面圧がかからない。
純正品ではなく他機種の流用なのかと思ったが、色々調べてみるてSEAL製110用にに間違いはなかった。
奇妙な事に表面が黄色ではなく、新しい黒のタイプは12×15インチの大きさが有り、プレス面が100%使えるようだ。
またプレス圧の調整の為か、厚みも13mmとか20mmとか有るので注意が必要です。

「大四つで使うのであれば11×14あればいいでしょ」なんだけど
挟み込む12×15のボードに位置決めするのに手間がかかる。
と言う事でボードに位置決め用マーカーを引き、加えて見開きのブックマットにした。
耐熱テープはけっこう高いので、ケント紙に耐熱接着剤を使って面圧のかからない部分に蝶番をつける、
これで作業効率UP間違いなし、、かな。

・・・・早く小全紙で分割プレスを試してみたいよ。






by ken_kisaragi | 2015-02-08 13:17 | 暗室日記

暗室日記45 ドライマウントプレス機を導入する 1

e0192530_217965.jpg


e0192530_2172043.jpg


ドライマウントプレス機の本来的な使い方は熱で溶解するシールを使って
印画紙をバックボードに貼付ける為に使用するものであるが、
バライタ印画紙の乾燥時に発生する湾曲を平に伸ばす為の道具とし使う事も多い。

しかし暗室の機材において、もっとも導入を悩むのがドライマウントプレス機ではないだろうか。
とにかく大きくて重く、フラットニングにおいては押し花方式やズボンプレッサーで対処することも出来る、
またレンタル暗室でプレス機を借りる事も可能なので是が非でも必要とされるものではない。

自分もズボンプレッサーを工夫してホットプレス機を自作したので全紙迄のフラットニングは可能であったし、
ドライマウントシールを使ってバックボードに貼付けることも出来た。

しかし押し花方式だと最低一週間、ホットプレス機でも丸一日はかかってしまう。
また稀にではあるが印画紙の端に上記方法では矯正の効かない波打ちが出来る事も有り
ドライマウントプレス機の導入をぼんやり考えて続けていたのも事実で有る。

導入を考えるとプレート面のサイズを決定しなければならない、
六つ切り、大四つ切り、半切、小全紙というのが一般的なプレートサイズだろう。
自分が使う印画紙の割合は、六つ切りが3割、大四つが4割、小全紙が3割であるから
小全紙サイズが可能であるSEAL製210がもっとも適している。
しかし重さ35kg、全紙サイズの無骨な鉄の塊を自室に置くにはそれなりの覚悟が必要だ。

いろいろ検討した結果、大四つサイズがプレス可能であるSEAL製110を導入する事にした。
いつも駆け込み寺のように教えを請うギャラリーライムライトのK氏に相談してみると、
小全紙でも分割プレスすれば問題なく使えるとの事、
印画紙は2〜3mmのマットボードに挟み込んでプレスするので段差が出来ることは無く、
SEAL製210を使って大全紙を分割プレスしていると教わる。

またスタジオゾーンセブンの岡崎正人氏がそのHPにおいて
「Compress 110 を長い間愛用しており、現在はスイングアームの物を見かけますが、
昔の110でも非常にコストパフォーマンスの良い機種ですので中古で見つけた場合はお勧めでしょう」
などと書いておられたのが決め手となりオークションで探し始めた次第。

オークションの写真で見る限りお世辞にも美品という代物ではなかった。
しかし懸命にケミカルやグリスを使い磨き上げると
おおっ、、、「麗しく奇麗になったやんけ!」と只今上機嫌w

今のところテストどころか電源も入れていない。
きっちり動くのだろうか?・・・次回に続きます。






by ken_kisaragi | 2015-02-05 22:57 | 暗室日記

歩き易い靴

e0192530_7592068.jpg
e0192530_7593579.jpg



写真を撮る事において、たとえ車で走ろうが電車に乗ろうが最終的には自分の足で歩き巡る事になる。
散策を兼ねて歩く事は嫌いではないので苦にはならないが、2時間も3時間もカメラ担いで歩く訳だから出来るだけ楽に歩きたいと思う。
こういう場合、厳寒時は別として皮や合皮ベースのスニーカーよりメッシュをベースにした軽量なランニングシューズがベストではないだろうか。

しかしランニングシューズは派手か地味か両極端で、日頃着ている服にスッと馴染むデザインがない、
もっともオシャレを気にするような風体ではないんだけどねw
加えて大足である為、量販店であっても選択肢が少なく(涙)中庸なサイズの人を羨ましく思う。

ナイキに関してはUSサイズ11でジャストに収まる。
問題はNB、たとえば360シリーズと574シリーズでは先端のシルエットが異なり
360では11、574では11,5となる、、、もう11,5なんてホント店頭には置いてないぞ(笑)

ネット通販ではほとんど問題なくUS11サイズは購入出来るので助かりはするのだが、
ついつい気に入ったのを見つけるとポチるのが癖になりそうで、、、困ったもんです。
写真のナイキはミドルカットなんだけど、ベロが大きくパンツ裾の収まりが良いのがお気に入り。

さて今日はどこを歩こうか、、、『マッサン』の原点とも言える山崎てどう?













by ken_kisaragi | 2015-01-24 08:11

GRAN TURISMO 6

e0192530_1001647.jpg
e0192530_1032734.jpg

M3ダクトの代わりにエンブレムを貼りましたw


高野龍神スカイラインを走って龍神温泉でひと風呂浴び、みなべ町の漁港で昼寝休息をしてから
帰路は阪和高速を使って一気に大阪迄帰る、、と言うのが30年続けているのドライブコース。
イワナの甘露煮、そして夏には鮎の塩焼きという食事の楽しみもあり年に4回は走りに行く。
バイクを含めると35年にもなり、よくもまぁ大きな事故も無く楽しんでこれたものである。

近場の峠道では信貴生駒スカイラインが走り易いが、南紀を縦断するコースと比べるとスケールが圧倒的に小さく
温泉や食事と言うオプションも乏しい。
なにより、車専用有料道路で有るにもかかわらず登山者が車道を歩いてることが多々あり危険極まりないのだ。

しかし高野龍神スカイラインは12月半ばから3月末迄は冬期通行規制がかかり、スノータイヤを装着しないと
走行する事ができない
e0192530_104560.jpg

実につまらん・・・てなことで、
しばらくはドライビングシミュレーターゲーム『GRAN-TURISMO』でお茶を濁す。
自分はそれほどゲームには詳しくないし、持ってるゲームソフトも数が知れている。
だから他のソフトと比べようもないがバージョン1から継続して楽しんでるソフトは他に無い。

3D映像におけるポリゴンの細かさや丁寧なマッピングもさることながら、間接光の再現が素晴らしい。
レンダリングにおけるグローバル・イルミネーションの処理には驚嘆、光の捉え方が実にフォトジェニックなのだ。
目標設定も適切で達成感を巧妙に演出しており、勝つ喜びが段階を経ながら味わえる。
たかがゲームであってもレースの世界は勝たなきゃおもしろくないw


『 Moon Over The Castle Version』カッケェ!!
ラストはセナか? なんど見てもくぅ〜と痺れるじょぉ。


by ken_kisaragi | 2015-01-12 10:06

Merry Christmas Mr Ken_Kisaragi

e0192530_19371212.jpg


e0192530_200195.jpg


オクやんからのクリスマス・プレゼントは
ナイキのダンクとGショック

以前、欲しい欲しいと思いながら買いそびれたダンクをどこで手に入れたのだろう?
四ツ橋の古着屋かな?
ともあれ覚えていたくれた事に感謝!









by ken_kisaragi | 2014-12-24 19:47

暗室日記44  「私、失敗しないので」

e0192530_8161565.jpg

e0192530_8162722.jpg


「私、失敗しないので、、」と言ったのはドクターXの大門未知子、
こういう言い切りの良いフレーズは聞いていて気持ちがよい。

短冊状に切断した紙片を使いながら試し焼きを繰り返しプリントするのだが
1枚焼き上げるのにおおよそ3枚の印画紙を使う。
稀に2枚で決まる事も有るが、5枚ボツとなる事も多い。
より良いプリントを仕上げる為の試行錯誤であるから、単純に失敗と言うには趣は違うと思うけどね。

同じネガで濃いめのプリントと薄めのプリントを2枚焼く事は多いのだが、
翌日見てみると差異がほとんどなく「いったいなんだったんだ?」、、、てなことも多く情けないw
失敗はもちろんのこと無駄も極力無くしたいものである。






♪今日の空は少し悲しいね
やるせない雲だけ僕を見てた・・・と歌ったのは高橋幸宏
こういう日は撮影日和だったりするのだ
さぁーこれより出発するなりっ!



by ken_kisaragi | 2014-12-20 08:20

Digital Domain 33

e0192530_2049381.jpg
e0192530_20495348.jpg


先週の週末は久しぶりの朝マデ麻雀
二日酔いとタバコによる胸焼けでフラフラではあったが
早朝、ベランダで飲む紅茶に最高の贅沢を感じたりする

ロン!!
これでいいのだ







by ken_kisaragi | 2014-11-27 20:52 | Digital Domain

暗室日記43 BERGGER/NB テスト2

e0192530_2055164.jpg


e0192530_20553281.jpg


引伸し機 ラッキー450MD
電球   富士150w
レンズ  Rodenstock アポロダゴンN 80mm
フィルター イルフォード
現像液  中外(1+9希釈)

露光タイムは短くケントメアと同等と思われる。
コントラスト強く、イルフォードFBに比べフィルター番数は1〜0.5低めで対処。
現像では1分少々で画像は立ち上がり、2分30秒で引揚げる。

大四つパッドでは2リッターの現像液を使用するのであるが紙厚が厚いためか吸収量が多く
12枚使用しただけで目に見えて液量が少なくなり、同時に印画紙の銀含有量が多いせいか現像液の変色も早い。

ウエット状態で見る画像は冷黒調でシャープな画像であるが、乾燥するとガラッとイメージが変わる。
冷黒調と感じた画像はフラットな純黒調に落ち着き、際立ったシャープ感もマイルドな方向に変化した。
・・・けっこう男前な画像なり。

評価蛍光灯や色温度の低い電球、また自然光下で見ても大きく色合いが変化しないのは嬉しいところ。
またダブルウエイトの厚み有る印画紙であるため乾燥時のカーリングが穏やかで、フラットニングもビシッと決まりそうである。

上質厚紙に銀タップリのエマルジョン、低い号数のフィルター使ってもしっかり黒が出るのには驚き。
純黒はベルゲールを使っていこう。






by ken_kisaragi | 2014-11-17 21:00 | 暗室日記

暗室日記42 BERGGER/NB テスト

e0192530_1073882.jpg
e0192530_19454389.jpg

BERGGER/NBでの初プリント
とりあえず中外1+14で試してみたい
今日は終日籠る予定
ヘビーローテはコルトレーン・・・バラッドからGo!
by ken_kisaragi | 2014-11-16 10:13 | 暗室日記