鳥人の翼 In order to get

マウンテンSPD カント角調整





e0192530_00032293.jpg





SPD-SLタイプのシューズは靴底とクリートの間にシムを入れることによってカント角調整が簡単にできる。
S-Worksのシューズは出荷時よりソールにカント角が付いており、あえてシム調整の必要は感じなかった事から
以後このカント角をリファレンスとしている。
マウンテン用のSPDシューズはインソールの裏にプラ版を貼って対処し、膝は綺麗に回るようになったが
プラ版を貼ったおかげで靴が窮屈になり、ダイソーで買った靴伸ばしき機で調整中。
固定ローラーでトレーニングすることは今や有りえないないがメンテやセッティングに重宝する。

この靴伸ばし機、ヨコタテを個別に調整できるのだが、タテ伸張に使うネジは手回しでは力が入らず、
ペンチ(プライヤー)を使って容赦なく強引に回し引き伸ばして
ようやくサイズOK!となった(笑)
山サイクリングではSPD-SLで登り、山歩き用に軽いスニーカーや折り畳みシューズをリュックに
入れておく事が多いのでマウンテン用SPDの出番は少ないけどね。


……………………………………


サイクルウェアの合理性は認めるものの、なかなか気に入ったデザインものが見つからない、
てか俺的には許せないものが多過ぎw
大会やレースの晴れ着ならおかしくないけど、のんびりサイクリングを楽しむ親父が着るにはどうよ?てハナシ(笑)
なんて思う同類様、ROKX の7分丈パンツは良さそうだよ。
























# by ken_kisaragi | 2017-08-11 00:10

Bullhorn/Ultegra KHARMA






e0192530_11323415.jpg






朝一番、登り十三峠、下り信貴山ぶどう坂という大阪定番山サイクリングへと向かった。
久しぶりにフルカーボン・アルテグラ仕様のカルマ乗ると
日常の足、Fretta/BD-1に比べるとやはり爽快、グングンスピードが乗ってくるわ。

実は夏休みの工作第一弾として、
クオーター・カルマのハンドルをブルーホーンに変更した。
ここ一番のスプリント能力には欠けるが (俺には必要ない)
ブレーキレバーが扱いやすく、ダウンヒルがメチャ楽しい。
ストレートバーにエンドグリップを付けるのと同様、
意外とダンシングもしやすかった。
外観的にはSTIレバーが大きく目立ちすぎなのがちょっと残念w

シューズのカント角もようやく決まってきたようだ、
ということで今日の日程は終了。




e0192530_11324056.jpg








このビデオには参った、、、
セーラー服を着た女子高生が乗る電動ママチャリにトップヒルクライマー撃沈てか!
ブリジストンも思い切ったビデオをアップしたもんだ。(笑)























# by ken_kisaragi | 2017-08-05 11:53

電アシを考えてみる




e0192530_21432485.jpg





自宅から信貴山ぶどう坂のスタート地点まで約15km、
そこから信貴山観光ホテル(温泉)までおよそ10km、
さらに十三峠への距離は7km、十三峠から自宅までが25km、
概ね往復45km程度であって、半日あれば温泉浸かっても時間は余りある。

電動アシスト自転車によるぶどう坂や十三峠のタイムアタックデーターはあるのか?(笑)
なんて思ってネット調べたところ残念ながら見当たらず。
しかし関西ヒルクライムTTに載っている金蔵寺を電動アシスト自転車でタイムアタックした動画をYouTubeで発見、
早速見せて頂いたところ、なんと17分4秒で登りきっておられ驚いた。
人力ロードバイクでのタイムトライアル平均が20分だから電アシ侮れず。
これならリュックにカメラやレンズ、フレームに三脚括り付けても登れそうだ。

スタイルは圧倒的にXM1がカッコよく、スリックタイヤに履き替えロード走っても
様になりそうだが、舗装路メインだと700Cのクロスバイクタイプの方が快適だろう。

メンテや後々のカスタマイズを考えるとパナソニックのジェッター にも惹かれる。
汎用性の高い700Cタイヤでクイックリリース装備、
バッテリーは16アンペアだから近場の低山であれば予備なくてもOKかも、
また8段の変速機能は外装だから色々手を加えられそう、、、

外国産に惹かれるモデルは多いのだが、モーターやバッテリーのメンテに
苦労しそうな気がするのだが、どうだろう?
もうちょっと調べなきゃ。






カッケー!
e0192530_21480848.jpg




カスタムベースとして良さそう
e0192530_21480557.jpg


















# by ken_kisaragi | 2017-08-02 22:06

Electric Drive System for mountain bikes





e0192530_19485143.jpg





和泉葛城山で足腰を鍛え、六甲山 ヒルクライムやMt富士ヒルクライムに参戦していたのが5年前、
既に大会参加の熱も冷め、気が向けばミニベロで信貴山ぶどう坂へ向かう程度。

月に2回程度しか山で漕ぐことはないので、瞬く間に心拍数はMAXに届く。
これが体に良い訳なく、心不全でポックリ逝くとも限らないw
無理せず自転車降りて歩くのが身のためと思いはするが、
登りだすと限界まで降りずに進め!という気分になるから困ったものだ。

最近見かけるママチャリの多くが電動タイプで、お子さんを乗せて急坂をもろともせず
スイスイ登る光景は何度も目にしている。
我が家にも電動自転車は有るものの6年前に買った旧式で、バッテリーは5アンペア、
走れる距離は平地20キロ程度と少ない割に車体が重い。
そもそも平地走るのに電動アシストの必要性は感じなかった。

という事で、個人的に強い関心を持っていなかったが、
今日、おおっ!と目を惹いたのがパナソニックの『XM1』」という電動アシストMTB、
国産の電動自転車にしてはカッコよろしく本格派MTBの雰囲気ムンムン。
本気出してオフロードへ向かう人が乗る自転車ではないだろうが、このデザインは素晴らしい。
月2度程度、近場の低山をマッタリ登りたいというポタリング志向のおっさん、おばさんには受けるかも。

今年の9月1日発売・・・・これ、かなり欲しいわ!
価格はSPECIALIZED、EPIC MEN COMP 29と似たようなもの、、、うむぅ〜




















# by ken_kisaragi | 2017-07-30 20:03

NO MUSIC, NO LIFE 1





e0192530_21524713.jpg







知人とジャムったり、クラウドでダビング・セッションしたりするよりも
ひとりルーパー使って弾き倒すのが一番楽しい、、、なんて思うのは暑さのせいだと信じたい(笑)

いつになくギターアンプの音が柔らかいのは真空管の燃焼温度のせいか?
夏場に見るフィラメントの色温度は眩しく高い。

.................................

明日の昼食は南森町に決定、急に鰻のせいろ蒸しが食いたくなったのだ。
ファイト一発!





























# by ken_kisaragi | 2017-07-25 22:10

Life in the Woods 4





e0192530_22470507.jpg




e0192530_22491341.jpg







バレンティーノ・ロッシが第2戦アルゼンチンGPでチャンピオンシップ史上初となる
キャリア通算350戦目に到達。
頑張ってんなぁ、、てか38歳、まだまだ若い。
そしていつまでも華が枯れない天才だ。

自分自身、反射神経の衰えは既に感じており、レプリカをハングオフして乗りたいとは思わなけど
SR500か400のカフェ改でのんびりポツポツも楽しいかもしれないなぁ、、、還暦以降の楽しみに取っておこう。

映画『ヒッティング・ジ・エイペックス』の製作とナレーションはブラピと知って驚いた。
こいつは見なければいけない。

























# by ken_kisaragi | 2017-07-22 23:34

Truth Ernst Leitz Focotar 5cm F4.5  その12

アンスコA120
イルフォプロムギャラリーFB1K 2号


e0192530_23255168.jpg



7月8月は暗室月間。
今日は一発で決まらないネガが多く、すでにゴミ箱は印画紙の焼け野が原。

号数紙であるイルフォプロムギャラリーは階調のすべてのゾーンにおいて色味が統一されているように感じる。
環境光にもよるのだろうが、自宅の評価蛍光灯下に限って言うとムラはなく、
フラットな純黒調だと思われる。
焼き込んだ時の粒状の荒れもおとなしく、追い焼きでトーンが破綻しやすい輝度の高いところもでも無理が効く。
ネガ濃度決めて、コントラストの好みがハッキリしているなら号数紙の方が焼きやすいようだ。

............

マジかよ? と思われる価格のケントメア・バライタ印画紙(消費期限切迫・アウトレット)を発注した。
大全紙10枚、大四つ切50枚なんだけど、二箱合わせて送料込みで4,200円程度、700ポイント残があったので
支払い金額は持ってけ泥棒の3,500円!だぜ。
消費期限切迫と言っても来年の3月迄だから悠々でしょう。

ケントメアのバライタ、俺の記憶では素の感度はちょい高めで一部の階調が緑に色転びしていたような印象があり、
中間調を前に出すより、コントラストにメリハリつけたような焼き方が合ってるような印画紙だったと記憶する。
まぁ、最近では感度400の35mmフィルムしか使っていないからOKかもね。























# by ken_kisaragi | 2017-07-16 00:59

Life in the Woods 3



e0192530_19250458.jpg
e0192530_19250731.jpg





しかし暑い、、、。
10分も歩くとシャツを着替えたくなるぐらい汗を流すからたまらない。
許されるのなら何事かの焦燥感をきれいに忘れ去り、
ひたすらのんびりスローモーに過ごすことを渇望する。

南の海へバカンスに向かわずとも、
室内プールとビアガーデンだけで夏休みを過ごすことができれば
満足なんだけどなぁ、、ウチワ仰いでハワイアン聞きながらうたた寝したいところ。

写真感剤は夏に劣化するから、印画紙やフィルムはできる限り冷蔵保存しておきたい。
自宅4ドア冷蔵庫の野菜入れには小全紙の印画紙がギリギリ入る。
乳白のアクリルを上に被せているので、まだ家人は気づいていない。
処理液4Lボトルはさすがに気がひけるが原液は収納済み、
そのうち撤去指示が下るだろう。

………………………

ドラゴン・タトゥーの米版はオリジナル・スウェーデン版に比べ著しくつまらなかったが
『THE KILLING』に関して言えば・オリジナル・デンマーク版に比べても遜色はない。
北欧のドラマらしい不条理感と米のエンタ性がミックスされ飽きることなく最後まで楽しめた。
個人的にはミレイユ・イーノスが好きだなぁ、、、。 





























# by ken_kisaragi | 2017-07-14 19:37

Digital Domain 5/27





e0192530_00270161.jpg


茶屋町のレコード屋で俺好みの音源をキャッチ、
セレクトしてくれていたマネージャーA女史が
退社するらしい、、、
自分のミュージックライフを支援する首席補佐官であっただけに残念(涙)

ひじょうにモチベーションの高い人だけあって、起業するのも頷ける。
CD買うぐらいの応援はさせてもらうじょ!


























# by ken_kisaragi | 2017-07-13 00:32

Life in the Woods 2





e0192530_22131416.jpg





最近のヘビロテはベルリンを拠点に活動するブラジルの歌姫Dillon
アコースティック楽器とエレクトロニカ風シンセのミックスが気持ちいい
久しぶりに発見したインディペンデントの鉱脈だ






























# by ken_kisaragi | 2017-07-10 21:57

Life in the Woods




e0192530_21405741.jpg
e0192530_23585507.jpg






自宅から徒歩5分程度の距離にある某公園、
春や秋には大賑わいであるが、梅雨時から彼岸までは人出も少ない。
ジョギング後、園内室内プールでひと泳ぎした後のビールが格別なのも
この時期だから、暑い暑いと言いながらも
せっせと公園に向かう。

先週はお気に入りの低山、柏原市の玉手山を登ったのだが、
小道を分け入ったところでアブに集られ、期しせずトレイル・ランして大汗をかいた。
和泉葛城にもアブは多いが、玉手山も負けず劣らずw

スズメ蜂やアブに集られる経験は少なくないが、刺された記憶はなく、
トレイルを進む事も多いが茶毒蛾にやられた事もない。

明るい色の帽子を被る、集っても手で払いのけず速やかにその場を立ち去る、
と言うことを心がけているが、刺されたり噛まれた経験がない分、怖さも3倍、、、。

夏休みに和歌山の旧日本軍の砲台跡が廃墟として残ってる無人島へ
キャンプへ行こうと誘われているのだが蜂やアブ、
その他変な虫も沢山生息してそうで気が進まないw
夏、森の生活は近所の公園だけで十分かも。


……………………………………………………………


Production I.GのHPに『攻殻機動隊』新作アニメーションの制作が決定!
と告知されているものの、今年4月以降具体的なニュースはない。

第四の攻殻ARISEと新劇場版は時系列逆順で完結、実写版はスピンオフ、、
と考えると『SOLID STATE SOCIETY』傀儡廻以降の公安9課が舞台となる? て思うがどうだろう。
個人的にはARISEシリーズのボリュームが乏しく、もうちょっとタップリ見たかった。




























# by ken_kisaragi | 2017-07-06 23:27