鳥人の翼 In order to get

カテゴリ:White Magus( 4 )

white Magus4

e0192530_2158504.jpg
HP5/Xtol/1:1
e0192530_21583687.jpg









by ken_kisaragi | 2015-01-22 22:01 | White Magus

White Magus3

e0192530_21332865.jpg
e0192530_21333779.jpg


ロベール・ドアノー、ビル・ブラントのプリンターであると同時に素晴らしい写真家であるフィリップ・サルーン。
キャビネサイズであるが氏のオリジナルプリントも1枚持っている。

ここ2年程、ちょくちょく足を運ぶギャラリーでフィリップ・サルーンのプリントワークショップが
通訳付きで開催される。
募集人数は6名と言う事であるが、何とか枠組みに入れてもらえる事が出来た。

開催日迄時間も無いので、今からレビュー用のプリントを多数焼く事は出来ないが、
明日中に小全紙2.3枚位は焼いてみたいと考えている。
この期に及んで有らん限りの悪あがきw

そう言えば只今受講中の白岡順講評講座もこのギャラリーが縁で通う事になった、、、
しかし白岡順、有元伸也というマイ・フェイバリットな写真家に
レビューを頂き、今回はフィリップ・サルーン。
この恵まれた巡り逢わせを考えると、もうちょっと頑張らなきゃダメだな。
by ken_kisaragi | 2014-08-23 21:36 | White Magus

White Magus2

e0192530_929931.jpg
HP5/Xtol/1:1
e0192530_9295531.jpg


『駆け抜ける喜び』、、と言うのはBMWのパンフレットに記されたコピーであるが実に車好きの心を掴むフレーズだ。
大昔、バイクに乗っていた頃のメインコースは「高野龍神スカイライン」であり、
コーナーのRは勿論、路面のギャップや砂浮き、グレーチング等全て頭に入る程、走り込んでいた。

当時「高野龍神スカイライン」は有料であり往復料金は馬鹿にならなかったし、
車程ガスは食わなかったがガソリン代も馬鹿にならなかった。
今より所得も少なかったが昼飯食わずして、やりくりしていた事を思い出す。

今はバイクには乗っていないが年に3回程度、車で龍神へと出かける。
河内長野ー𣘺本ー高野ー龍神ー御坊というコースをとると、山河あり海有りで飽きがこない。
今日から20日迄休暇なので久しぶりに落ち鮎と秘湯を楽しみたい。
・・・カメラはローライ2.8Fを持って行こう。

「来年行く時の足はcaymanやぁー」などと夢を見ていると
てっへ! 来週は雨やんけw・・・降っても行くじょお。







by ken_kisaragi | 2014-08-16 09:31 | White Magus

White Magus1

e0192530_110140.jpg
HP5/Xtol/1:1


e0192530_111495.jpg


ながらく写真を撮っているが、特別な思い入れを抱けるレンズと言うのが無い。
逆に言うとトンデモナく酷いレンズを買って後悔した事も少ない。
そもそも標準レンズ以外滅多に使わないので、所有レンズは驚く程少なく、
レンズを評価できる経験値は乏しいから偉そうな事は言えないw

唯一記憶に残る悪しきレンズは、安さにつられて買った某社28-70/F2.8ズーム。
広角側では周辺光量の低下が酷く使い物にならず、加えて開放でのピントは大甘、
絞れば絞ったで粗悪な画像ソフトでシャープネスのレベルを上げたような見苦しい描写。
トイ・カメラのような愛嬌もなく、すぐに手放したが、あれは酷かった・・・ともあれ古い話である。

しかし、、、
新しく買ったローライフレックス2.8Fで撮ったネガを粗焼きしてみると、
ヤシコンT*50mm F1.4、Hasselblad /CF 80 T*と共通する何かが有るようなw、、なぁーんて気のせいか?
本家ツアイス以外にもヤシコンやコシナ、HFTプラナーとメーカーも様々だから
プラナータイプと言った方がしっくりする。

 ・・・・・・・  

写真を撮りだした頃に愛用していたRTS、
これを再度手に入れたくてしかたがない、、、ポルシェデザインは今見てもウットリだよ。
しかし当時RTSからNEWF-1に変えたのはシャッター系トラブルを2度経験したからだと記憶する(汗)
by ken_kisaragi | 2014-07-05 11:58 | White Magus