鳥人の翼 In order to get

カテゴリ:I'll Be Gone( 30 )

i'll Be Gone Ⅱ/4

e0192530_18485487.jpg
HP5/Xtol/1:1
e0192530_184973.jpg











by ken_kisaragi | 2014-09-30 18:54 | I'll Be Gone

i'll Be Gone Ⅱ/2

e0192530_9233314.jpg

HP5/Xtol/1:1
e0192530_9235711.jpg












by ken_kisaragi | 2014-08-03 09:26 | I'll Be Gone

I'll Be Gone Ⅱ

400TX/D76/1:1e0192530_2005830.jpg
e0192530_2055864.jpg







by ken_kisaragi | 2014-04-18 20:06 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 19/19 LINKIN PARK - I'll Be Gone

e0192530_2023488.jpg
e0192530_20241211.jpg



パワード・スピーカは鳴りっぷりが良く
新しく増えた小型ニアフィールドではロックをよく聴く
もう春ですね




by ken_kisaragi | 2013-03-19 20:29 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 18

e0192530_1193789.jpg
e0192530_1195279.jpg

by ken_kisaragi | 2013-03-16 01:24 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 17

e0192530_2332516.jpg
e0192530_234437.jpg


本日は大阪写真月間の会場抽選日、
集合時間迄ちょっと時間が有ったのでJR大阪のエントランスでスナップする。
一時間程度散策しただけだが今日は寒かった、寒かった、、、、

ブロ友の「うつろい」様と久しぶりにお会いできた。
一昨年のビュジュアル・アーツでは同じ会場、昨年はニコンとキャノンと分かれたが
今年はお互いに富士フォト・サロン! ちょっと楽しみが増えて嬉しく思う、
寒の戻りの14日でした。

e0192530_2333681.jpg

by ken_kisaragi | 2013-03-14 23:36 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 16

e0192530_2135351.jpg
e0192530_21353431.jpg

随分前からエプソンRD-1Xの新品アウトレットが安く売り出されている。
今時600万画素のデジカメなど見向きもされない所為か、未だ在庫は有るようだ。
確かに、低感度でバッテリーの持ちは悪いし、フルサイズでもない、
ちょっと調べると機能的には現行機種から比べると三世代以上の開きは感じる。

エプソンとコシナのコラボで生まれたカメラだが、なぜか後継機が発表されない。
フルサイズではなくとも、せめてA3ノビ程度はプリント出来る画素数は欲しいところ。

しかしシャッター・チャージレバーとかアナログ3連メーターの造作を改めて眺めると
「よく、こんなモノ作ったなぁー」と感心至極。

600万画素有ればA4に余白付けて実質B5程度の印刷領域であれば問題は無いし、
A3ノビでプリントする時はNIKでグレイン処理して、、、
なぁーんて考えてると急に欲しくなってしまった。
by ken_kisaragi | 2013-03-12 21:59 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 15

400TX/D76/1:1e0192530_23214011.jpg
e0192530_23294083.jpg


昨年をもってムーンライダーズ 無期限活動休止
淋しいニュースを今日聞きました  
嗚呼!

by ken_kisaragi | 2013-03-10 23:36 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 14

400TX/D76/1:1e0192530_0155213.jpg
e0192530_0165424.jpg

by ken_kisaragi | 2013-03-04 00:57 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 13

400TX/D76/1:1e0192530_19111537.jpg
e0192530_19113861.jpg

最近レギュラーで使っている印画紙はイルフォード温黒バライタ無光沢24K
イルフォード光沢バライタ純黒に比べ厚みが有り、乾燥時は派手にカールする。

六つ切りサイズのフラットニングは通常半切サイズの画集に挟んだうえ重石を乗せる方法をとるのであるが
この季節、空気が乾燥している所為か印画紙がピンピンになるまで一週間程度がかかる。
とくにエッジ部分の波打ちが手強い。

そんな場合、最終手段として両面を厚手の画用紙に挟んでアイロンをかける。
細かな波打ち、僅かな竹ピン跡なども程度にもよるがキレイに伸びます。
ただ、アイロンのプレス面は印画紙に比べ小さい為か大きなカールは残るので、
再度画集に挟んで二三日フラットニングすれば完璧。

※半乾きやスチーム噴射でアイロンをかけるとエマルジョンが溶けてエライ事になってしまいます(涙)
 ・・・ご注意を!
by ken_kisaragi | 2013-02-27 19:14 | I'll Be Gone