鳥人の翼 In order to get

2019年 09月 15日 ( 1 )

雑誌ギターマガジンを久しぶりに購入する



待ち合わせ時間に余裕があったので最近滅多に行かなくなった本屋を覗く。
これまた最近滅多に読むことのない雑誌ギターマガジン10月号を手に取った。
表紙の写真を見ると
「おおっ、俺がyoutubeでお気に入り登録しているギタリストばっかりやん!」
俺のアンテナもまだまだ捨てたものではないなと妙に安心するw


e0192530_11452946.jpg




ネオソウルギターとはR&Bのコード進行、リズムを基調にギター演奏するスタイル、
それが基本であると思うがヒーリングやチルを感じさせる演奏も多く、
一括りにするには無理がある。

昔流行ったフュージョン系とは異なり技巧やアンサンブルの巧みを前面に打ち出すというより
間やタメ、R&B的なノリを重視、早弾きを誇示するようなスタイルではなく、
スムーズなコード進行をミディアム・テンポ以下でメロディックに弾くのが定番、
またDAWやルーパーを利用した一人演奏が目立つのもネオ・ソウル系の特色かと。



e0192530_11465519.jpg




表紙の見出しにある「SNS時代を軽やかに生き抜くネオソウルギターとは?」
軽やかかどうかは別としてSNSで育った動きであることには間違いなく、
従来型の成功事例に囚われない日常生活の中で無理なく
好きな音楽を楽しむ姿勢に共感を得ているようにも思う。

……………………………

情報の断片を選別しながら搔き集めるという作業は思いの外地味で
時間もかかる作業だが雑誌がこう言う形で特集組んだ記事を読むと
俺との情報量の差は歴然、雑誌の底力を感じた次第。

だからと言って来月も買うかどうかはわからないw
チラ見してからかな。

写真は雑誌ギターマガジン2019 10月号より引用させて頂きました
........................................






ネオ・ソウルと言えばこの人が元祖だったような、、、
カッコいいね






















by ken_kisaragi | 2019-09-15 12:24