鳥人の翼 In order to get

2016年 09月 25日 ( 1 )

Limelight  企画展A1  初日



e0192530_16532310.jpg



初のデジタル展示という事もあり、初日早々よりギャラリーに在廊した。
今回は自宅プリントではなく、sRGBのプロファイルを埋め込みした状態で業者にデーターを渡し、
補正なしでA1サイズにインクジェット出力されたプリントである。
心配していたモノクロ調色(けっこう苦労したw)や黒の締まりは想像通りで
自宅モニターでチェックした状態と大きな相違はなかった。
印画紙は微粒状の半光沢、予想していた以上に品質の高い印画紙で大きく満足する。

展示サイズは大きければ良いというものではないが、A3ノビ程度だと
メーカー系や美術館など大きいフロアでは小さく感じる事も多いし、
小スペースのギャラリーにおいても大きく感じる事はない。
そういう意味ではA2ノビがレギュラーサイズかな?とは思うがプリンターは大きく重く、
自宅に置くにはそれなりの覚悟が必要で俺は早々に諦めたw

特にこだわりがなければA2ノビの写真展用の出力料金は2,000円前後から
AdobeRGBの色域に対応しているインクジェットプリントサービスもあり、
キャリブレーションさえ適正であれば、モニターで見る画像と大きく相違のないプリントが
期待できると思われる。
自分に限って言えばインク代や印画紙代、機器の償却、A2ノビの出力頻度を考えると
業者委託する方が低コストとなりそうだ。


次はデジタル・カラーを4、5枚展示できればと考えており、同時にAdobeRGBの色域でプリントしてみたいという
思惑も僅かながらある。
ただAdobeRGBの色域が生きてくる被写体はそう多くなく、蛍光に近いグリーンやブルーという色も好みではない。
sRGBはAdobeRGBより色域は狭いが色数はともにR:255×G:255×B:255=16,581,375色
よって階調はsRGBの方が緻密ということになるのかな?

ほんとカラープリントの話はややこしいわ、
ちょっと勉強しよう。






e0192530_20142058.jpg

e0192530_20142834.jpg

※DM写真/詳細はクリックで大きくなります

デジデビュー展示はA1サイズとなりました
本日日曜日より開催、タイミング合えば覗いてやってくださいませ。








by ken_kisaragi | 2016-09-25 17:37