鳥人の翼 In order to get

デュアル・ディスプレイにした場合、モニタースピーカーをどこに置くか



以前に比べ目が疲れやすくなってきたようで、ディスプレイ解像度をワンランク低くし、表示を大きくして
使う事も少なくない今日この頃。
そうなると当然デスクトップの作業領域は狭くなるわけで、画面構成が複雑なDAWソフトだと
作業領域を一望することができず、ショートカットによる画面切替で乗り切るしかない、、、。
やはり歳はとりたくないものですねw



e0192530_00145867.jpg



以前、デュアル・ディスプレイにしていた時期もあったのだが
視線移動することに違和感があり、シングルに戻した経緯がある。
しかし今の見難い状況はそれ以上に効率が悪く、再びデュアルディスプレイ化を考えた次第。

thunderbolt→DVI変換アダプターを1,300円程度で通販購入、
ソフト上のセッティングは無いに等しく、あっちゅう間に接続完了。
やっぱりDAWやPs、3Dソフトのようにツールパレットが分離できるものは
デュアルモニターのメリットを大きく生かせる。
2台揃えるように並べると視線移動することの居心地の悪さもがあるが
1台(サブ)をオペレーターに向けるように角度をつけるとそれほど気にならない。

追加したディスプレイは物置に放置していた古いEIZOのノングレア液晶、
Retinaのような解像度や透明感はないが不思議と目に優しい。





e0192530_00372161.jpg



DAWの必須であるモニタースピーカーは通常ディスプレイの両サイドに設置するが、
デュアルディスプレイにした場合、デスク後方に大きなスペースを確保しないと
スピーカーとリスニングポイントの位置関係が底辺の長い二等辺三角形になりやすい。
しかし自分の場合は背面においているので問題はない、否、そのこと自体が問題と言うご指摘もある(笑)
2ミックス時には椅子をクルリと回転させスピーカーと対面し、MIDIコントローラーやipadを使って
DAWを操作をするが、個々のトラック作ってる時点では音聞こえればそれで良しとしようw

.......................................

お気に入りDAWソフトのReason、LogicProX、Ableton Liveが次々とバージョンアップされた。
とくにLogicProXとAbleton Liveの進化が素晴らしい。
サンプル音源のテンポ解析と同期の自由度はAbleton Liveが抜きんでていたように思うが、
LogicProXに新しく搭載された「スマート・テンポ」も負けてはいない、
テンポが異なるサンプル音源も簡単にプロジェクト・テンポに合わせてくれる。
フレックスタイムを使ったりApple Loops化するより手間がかからない。

......................................


シカゴ時代のHOUSEがこごち良く未だに聞いているが、
さらに昔、ソウルトレーンが日本でも放送されていた当時、
R&Bのグルーブ感は半端ないね。
























by ken_kisaragi | 2018-03-25 01:39