鳥人の翼 In order to get

Logic ProXが10.2.1へとバージョンアップ・・早速インストールしてみた

e0192530_18354899.jpg



e0192530_1755387.jpg



昨年12月に導入したWaves 『Abbey Road Collection』やARTURIA 『 OBERHEIM SEM V』 と
ipad版『iSEM』の使い方もようやく覚えて一段落。

次世代シンセサイザーと言われるAlchemyの勉強も引き続き継続しているのだが減算合成方式の知識だけで首を突っ込むにはいささか敷居が高く、七転八倒を繰り返し、ようやくワークフローの流れが見えてきたところ。
50の歳を超えると途端に物覚えが悪くなり、新しい事を勉強するのは腰が引けるが
好奇心のレベルは未だ衰えを知らぬものだからタチが悪い(笑)

Pro ToolsからLogic Pro X へと乗り換えて10ヶ月経過、現在のDAW環境に不満はない。
この安定した環境で安泰に使っていこうと思った矢先に「アップデートが1件あります」と言う
吹き出しメッセージが画面の隅に表れる。
「今のままでイイよ」、、、とは思うものの内容を確認すると変更点や新機能が盛り沢山な内容であり、
タイムマシン機能のおかげで旧バージョンに逆行することも簡単なので
躊躇することなくバージョンアップすることにした。
アクセスが多かった所為か、大した容量でもないくせにダウンロードの所要時間は
30分少々かかったが問題なくインストール終了。

とりあえず立ち上げてみたところ描画リドローが早くなりサクサク感がUPしたような気がする。
マルチスレッド機能も向上したということなので簡単にベンチテストしてみた。



e0192530_17575954.jpg




大袈裟に言うとハリウッド並みか?と思える程のMIDIトラック数に弩級プラグインを刺しまくり、
俺的には有りえな状況を作り込んでも1コアへの偏りはなくCPUの稼働はピークを迎えない。
MIDIトラックがアクティブが否かなんて気にする必要はなさそうで、
謳い文句通りパフォーマンスは大きく改善されていると思われる。
(因みに自分は旧バージョンでも気にしたことがないw)
32bit OS/4GBメモリで四苦八苦してた当時に比べるとLogicに限らずパソコンとDAWの進歩は凄まじい。

一番嬉しかったのはプラグイン・インターフェイスデザインがリニューアルされたこと、
使い勝手もさることながら今風のフラットデザインとなり、ようやくグランドイメージが統一された様子、
しかし一部のプラグインは旧態のままというのが頂けない、ちょっと詰めの甘さを感じるけど、、まぁ良しとしよう。
サンプラーEXS24を現役で使ってるのだけどRetina対応の高画素化はしないのだろうか?
ゆくゆくはAlchemyに統合され、既にお役御免のプラグインなのかもしれないね。



e0192530_17585567.jpg




「あれッ? なんやねん?」と目についたのが『MIDIキーボードの割り当てを作成中』という吹き出しメッセージが
アプリ起動時に毎回出没すること。
MIDIキーボードの動作に不具合は無いのだけど凄くウザい。
いろいろ調べた結果、Logic Pro Helpというロサンジェルスから発信しているフォーラムでよく似た症状が書かれてあり
その対処法を早速試してみた。

Applications/Logic Pro X.app/Contents/Frameworks/MACore.framework/Versions/A/Resources
/MIDI Device Scriptsの中に収納されている該当のdeviceを削除(自分の場合nanoPAD2.device)
したところ見事メッセージは出なくなった。

自分の英語読解力では意味不明なところも多々あるが、この方法は一部のMIDIキーボードが鳴らないという現象を
回避するための対処であるらしい、、、
興味ある方はhttps://www.logicprohelp.com/forum/viewtopic.php?f=1&t=122225をご参照ください。

まだまだ10.2.1を使うというレベルまで弄っていないが、ちょい触り的にもパフォーマンスUPは感じる、
しかしel capitaniでの core midi エラーという苦い経験もあり、暫くは油断できないところですね。











束になったアナログLPの中から1枚を見つける手捌きを繰り返してると
なけなしの小遣いを握りしめレコード店に通った当時を思い出す。
New OrderのTrue Faith 発表からおよそ30年経過、
そう言えば、今年に亡くなったボウイのベルリン3部作の1作目、Lowからは40年。
・・・・
こういう古い音源を聴いてると利便性や効率が作品に与える影響は思うほど大きくなさそうな気もする。









【備忘録】
下記二つのイベントはどちらも見逃せません

有元伸也 写真展「チベット 草原 – 東京 路上」
入江泰吉記念 奈良市写真美術館

・会期:2016年2月6日(土)〜3月27日(日)
・開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
・休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月12日、3月22日
・観覧料:一般500円 高大生200円 小中学生100円

トークイベント
2016年2月7日(日)11時〜12時、河瀬直美(映画作家)× 有元伸也
2016年3月19日(土)14時〜、飯沢耕太郎(写真評論家)× 有元伸也

........................................................................................

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」WOWOWライブ
2/21(日)21:30
昨年12月9日の神奈川県民ホールでの公演を独占配信!









by ken_kisaragi | 2016-01-23 18:16