鳥人の翼 In order to get

再びテレキャス 1

e0192530_17313122.jpg



e0192530_17321822.jpg




二年ぐらい前からテレキャスターが気になり出し始め、昨年の9月にエドワーズのテレキャスタータイプ
TE-92CTM/LT の中古を4万円で入手。(その時の投稿記事はコチラ
何本も試奏したうえで買ったのでサウンド的に不満はなかったが、慣れると思っていたネックの薄さが仇となり
僅か3ヶ月で買い替えてしまった。

メインで使っているGibson Custom Shop製L−7Cや35年以上練習用に使っているヤマハのセミアコに比べ
著しくネックが薄く弾きにくい。
これはエドワーズのギターが悪いわけではなく買った自分の判断ミス、
手が小さい人には細く薄いネックを弾きやすく感じる人も多いだろう。
短い期間であったが鳴りっぷりの良いコストパフォーマンス抜群のギターだった、
もちろん中古購入価格に対してではなく定価に対しての話だよ。

そんな経緯もあって「テレキャスターの掘り出し物があれば連絡ください」と馴染みの楽器店に依頼していたところ
新年早々「Fender USAとFender Custom Shopが現在庫と新入荷分を含め6本程度用意できます」と
メールあり、先週の日曜日に胸膨らませミナミまで出かけた。




e0192530_17334866.jpg




「この店で一番高いテレキャスターを弾かせろ!」なんて事は一言も言っていないが、
錚々たるテレキャスターがズラリと並んでおり、店員さんは「おまちしていました」と満面の笑顔、
どうも『掘り出し物』という言葉の意味するところを充分理解していおられなかったようだ(笑)
京都金杯に勝ち、気持ちの高揚はあるものの明らかに予算オーバーな個体もある、
しかしせっかくの機会、そこは無視して一本一本気が済むまで弾かせて頂いた。

メンテナンスは全台数いきとどいており基本的なスペックに不満は無い。
ただ、同じシリーズでも個体によって音が大きく変わり、それぞれが個性豊かな鳴りにビックリぽん。
因みに一番高価なギターはスイートスポットのポジションが9F以上に偏っており、
ローポジションでは倍音が膨らまずタイトなサウンドでハイポジションへと向かうにつれ二次曲線的に倍音が膨らむ。
気になったのは4弦7F〜12Fの音詰まりが顕著で強くピッキングしてもベロシティが上がらない事、
自分の弾き方に合う人には堪らないかもしれないが俺に弾きこなす腕は無い、という印象を持ったなぁ、、、、

以降次回へと続きます。


・・・

下記二つのイベントはどちらも見逃せません

有元伸也 写真展「チベット 草原 – 東京 路上」
入江泰吉記念 奈良市写真美術館

・会期:2016年2月6日(土)〜3月27日(日)
・開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
・休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月12日、3月22日
・観覧料:一般500円 高大生200円 小中学生100円

トークイベント
2016年2月7日(日)11時〜12時、河瀬直美(映画作家)× 有元伸也
2016年3月19日(土)14時〜、飯沢耕太郎(写真評論家)× 有元伸也

........................................................................................

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」WOWOWライブ
2/21(日)21:30
昨年12月9日の神奈川県民ホールでの公演を独占配信!












by ken_kisaragi | 2016-01-11 20:33