鳥人の翼 In order to get

Reflected in the shadows 22

400TX/D76/1:1e0192530_21451665.jpg
e0192530_21445934.jpg


バライタ印画紙で一番悩ましいのは水洗いでもなければフラットニングでもない。
それは湿度の変化による波打ち現象ではないだろうか。

プレス当初、真っ平らな印画紙であっても湿度状況により波打つ事は多々ある。
回避するには印画紙をバックボードに貼付けるドライマウント額装するのが一般的ではあるが、
作業するには重く大きく高価なプレス機が必要なことから個人で使うには敷居が高い、、、
実に悩ましいね。

思い切ってBienfang / Seal・210Mを買おうかとも考えたが、
とりあえずズボンプレッサーを改造しプレス機を自作してみた。
これがけっこう調子良く、重石を20kg程度かけると小全紙でも真っ平らになる。
サーモスタットは110度で働くが、圧版に5mmの強化ガラスと2mmのミュージアムボードを使っているので印画紙に届く温度はそこまで高くない。

早速、印画紙を貼付けるティシュをネットで色々探してみたが見つからず、
毎度ながら海外通販で購入するしかなかった。
欧米は未だ銀塩天国であり、印画紙やフィルム、暗室用品も大量に在庫がある。
送料は高いが米B&Hにもドライマウントティシュが豊富に揃っており、小全紙サイズ100 枚と大四つ100枚を注文した。
値段は予想外に安く、両方で166ドル(送料込)とリーズナブル。
禁じ手である富士のバックシートや裏打ちシート買うよりも遥かに安い。

買ったのはDry-Lam と言うメーカー製のティシュ。
溶解温度が165f°/74度cで張付けが可能だから自作のプレス機でも使えそうだ。
購入者の評価も高いので安心感も大きい。

NYから商品が届くのが楽しみではあるが、額装予定のプリントは今のところ無い、、w
……………………………………………
海外通販でアメックス・カードを使うのは
過去、トラブル時の対応が丁寧だった所為、
オンライン・プロテクションを売り物にしているだけはある。

e0192530_21191015.jpg


【写真展のご案内】
.......................................................
ギャラリーLime☆Light企画展『Gelatine silverラヴ』

開催期日
2013年10月6日~19日(土)水曜日定休  
営業時間 12:00-19:00 最終日は16時迄
大阪市住吉区帝塚山中4-1-4

小全紙の展示が続きましたが、今回は六つ切りバライタ6枚を出展しています。
お近くの方は是非ご覧下さいませ。
by ken_kisaragi | 2013-10-08 22:05 | Reflected in the sha