鳥人の翼 In order to get

『Monochrome5』写真展ご来場のお礼



e0192530_14422563.jpg

『鋼の町・遠い光』
LFORD MULTIGRADEⅣ RC DELUXE 25M 16×20inch



LimeLight企画展 『Monochrome5』
地震によるフレームの落下も無く昨日をもって無事終了、
お越し頂きご高覧頂けた皆様どうも有り難うございました。

今回の展示では色々な方からプリントが美しいと褒めて頂けた。
印画紙は無光沢RCであり深い黒が出難く、濃度を上げるために散々苦労した甲斐があったと喜んでいる。
また写真そのものに対して好意的な談話を聞かせて頂けた事は素直に嬉しく思う。
同時に自分自身が見続けてあぶり出された弱い部分を確認できた事は大きな収穫であり、
それを課題に「これは俺には無理だろう」と思えるプリントに一歩でも近づくよう精進したい。

RCを使ったのはバライタの品切れが長期間続いた事が要因では有るが、
いざ使ってみると予想以上の仕上がりに満足した次第。
光沢バライタ特有の紙の内部から湧き上がるような黒とは違うが、
今回のモチーフを考えると無光沢RCというセレクトも間違ってはいなかったように感じている。

.......................................

某氏より「向かって左端の1枚のマット位置が少し下にズレている」とのご指摘。
マットの窓枠は写真サイズより5mm大きくカットし、白余白を出すように額装しているが
確かにその1枚だけ、上面には余白無く下面の余白が1cm程度に増えている・・・うへぇー。
(上の写真では分かり難いです)

小全紙となれば印画紙そのものも結構重く、搬入時にズレたのだと思うのだが、
写真が隠れたり、傾いたり歪んだりしなかったのが不幸中の幸い。
しかし問題は初日に出かけて見栄えを確認したにも関わらず、その事に気づかなかった事だろうと反省至極(涙)
以後、更に慎重に仕上げようと覇気があがるから、こういうご指摘はホントありがたく思う。

次の展示は5月末からの大阪写真月間「150名の一坪展」、
富士フォト・サロンで横2m近くのスペースを頂けたので引き続き小全紙3枚を見込んでいる。
待ちどうしくも有るのだがネガのセレクトも終わっていない。
・・・さて、これから頑張ります。
by ken_kisaragi | 2013-04-14 15:25 | ご連絡