鳥人の翼 In order to get

タグ:GRD ( 55 ) タグの人気記事

再びテレキャス 2    繰り返される諸行無常

e0192530_1111452.jpg



e0192530_113014.jpg

カスタムショップ製ギター本体に同梱されている過剰品質とも思える付属品一式・・・オクで高く売れるかも



【過去の記事】
再びテレキャス 1
いまさらテレキャス


前回からの続き・・・・・
自分が一番気に入ったのはカスタムショップ製のCustom Deluxe というタイプ。
ストラトのようにザグリが大きく入っておりフィット感が抜群。
ネックは60s oval "Cというシェイプで厚みは充分あり剛性感タップリで文句なし。
このギターの売りはRSDというカスタムショップ特製のブリッジにあるらしい、
3コマと6コマの良いとこを合体、メタルプレートのデザインはカバーの曲線を取り入れた
温故知新なハイテクブリッジ。

RSDの効果によるものかどうかは不明であるが音のバランスは大変良かった。
ジャンボフレットのエッジは丁寧に処理されており、サテン仕上げのネック塗装と相まって手触り良し、
ローFからハイFまで倍音の広がりは一定、デッドポイントは見当たらず生鳴りの振動にムラは無い。
音はノイズが少ないせいか抜けも良くガンガン前に出てくるからリバーブかけても曇りが少ない。
またトーンの幅が広く4ビートのバップにも使えそうだ。

E-TE-92CTM/LTでは低域の量感とパンチを出すためにイコライザーを使って200hzあたりを
少々クリーンブーストしていたのだがCustom Deluxeの低音の鳴りであれば素でいけそうだ。
マスタービルダー製に比べると音は若く感じるが2年ほど弾き込めばニュアンスは変わってくるだろう。

散々弾かせてもらって申し訳ないが、残念ながらこのCustom Deluxeの色が好みに合わず
購入を見送った。 テヘっ!(→ο←)
罪滅ぼしの気持ちから今年一杯使っても余りあるほどの格安ギター弦を購入、
L-7Cのナット交換を依頼し店を後にする、、、、ああ諸行無常。


e0192530_11191714.jpg

この色のサンバーストが欲しくて買ったテレキャス



引き続き、通販サイトでCustom Deluxeを探すものの大阪での店頭在庫は見つからず
東京の銀座で一本見つけた。
「購入を検討しているので大阪支店に転送できませんか?」と問い合わせたところ
「まかせて下さい」と快く引き受けて頂けた。
店員さんによると「ちょうど今新春セールを実施していますのでお買い得です」との事。

更に注意深くネット巡回していると「同じ店にCustom Deluxeの展示特価商品があるやんけ!」
ピックの引っかき傷なんて気にならない人間であるから俺的には展示品で充分なのだ。

その旨を伝えるため再び東京銀座店へ電話したところ「お客様、あの商品は同じ会社なのですが某支店在庫なのです。」
「値段は某支店展示品特価に合わせますので、当本店在庫の新品でご検討くださいませ」
というありがたい配慮をして頂けた。
念のため再度ネットで支店名を確認すると確かに渋谷店になってるわぁ~ テヘっ!(→ο←)

中一日あけて大阪某支店に商品到着。
ギターは個体による音の変化が大きいから同じ商品であっても油断は禁物、早速試奏開始する。
アンプはFENDER/ Super-Sonic 60 Combo Blondeでテレキャスターとの相性は抜群に良かった。
自宅で使っているアンプと同じくスピーカーはCELESTION VINTAGE30なのだが鳴りは対照的、
練習スタジオで慣れ親しんだツインリバーブよりも高音はクリアで透明度は高い。
ギター本体の印象はミナミで弾いたときと変わらずひと安心、その場で購入決定。


e0192530_11234228.jpg



E-TE-92CTM/LTは下取りに出すことにした。
店員さんは「練習用に使われたらどうでしょう?」と言うものの練習用のギターは他にある、
自分はギターに限らず、使わないモノが身の回りにある事を好まないので躊躇しない。

店員さんは下取りに乗り気ではなかった所為か?査定金額は24,000円。
微妙な金額であるが3ヶ月前に中古40,000円で買ったギターであることを考慮すると妥当な値段かもしれない。
ただし、付属のソフトケースは返してもらった(笑)


・・・・・次回へと続く。




















by ken_kisaragi | 2016-01-16 12:12

再びテレキャス 1

e0192530_17313122.jpg



e0192530_17321822.jpg




二年ぐらい前からテレキャスターが気になり出し始め、昨年の9月にエドワーズのテレキャスタータイプ
TE-92CTM/LT の中古を4万円で入手。(その時の投稿記事はコチラ
何本も試奏したうえで買ったのでサウンド的に不満はなかったが、慣れると思っていたネックの薄さが仇となり
僅か3ヶ月で買い替えてしまった。

メインで使っているGibson Custom Shop製L−7Cや35年以上練習用に使っているヤマハのセミアコに比べ
著しくネックが薄く弾きにくい。
これはエドワーズのギターが悪いわけではなく買った自分の判断ミス、
手が小さい人には細く薄いネックを弾きやすく感じる人も多いだろう。
短い期間であったが鳴りっぷりの良いコストパフォーマンス抜群のギターだった、
もちろん中古購入価格に対してではなく定価に対しての話だよ。

そんな経緯もあって「テレキャスターの掘り出し物があれば連絡ください」と馴染みの楽器店に依頼していたところ
新年早々「Fender USAとFender Custom Shopが現在庫と新入荷分を含め6本程度用意できます」と
メールあり、先週の日曜日に胸膨らませミナミまで出かけた。




e0192530_17334866.jpg




「この店で一番高いテレキャスターを弾かせろ!」なんて事は一言も言っていないが、
錚々たるテレキャスターがズラリと並んでおり、店員さんは「おまちしていました」と満面の笑顔、
どうも『掘り出し物』という言葉の意味するところを充分理解していおられなかったようだ(笑)
京都金杯に勝ち、気持ちの高揚はあるものの明らかに予算オーバーな個体もある、
しかしせっかくの機会、そこは無視して一本一本気が済むまで弾かせて頂いた。

メンテナンスは全台数いきとどいており基本的なスペックに不満は無い。
ただ、同じシリーズでも個体によって音が大きく変わり、それぞれが個性豊かな鳴りにビックリぽん。
因みに一番高価なギターはスイートスポットのポジションが9F以上に偏っており、
ローポジションでは倍音が膨らまずタイトなサウンドでハイポジションへと向かうにつれ二次曲線的に倍音が膨らむ。
気になったのは4弦7F〜12Fの音詰まりが顕著で強くピッキングしてもベロシティが上がらない事、
自分の弾き方に合う人には堪らないかもしれないが俺に弾きこなす腕は無い、という印象を持ったなぁ、、、、

以降次回へと続きます。


・・・

下記二つのイベントはどちらも見逃せません

有元伸也 写真展「チベット 草原 – 東京 路上」
入江泰吉記念 奈良市写真美術館

・会期:2016年2月6日(土)〜3月27日(日)
・開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
・休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月12日、3月22日
・観覧料:一般500円 高大生200円 小中学生100円

トークイベント
2016年2月7日(日)11時〜12時、河瀬直美(映画作家)× 有元伸也
2016年3月19日(土)14時〜、飯沢耕太郎(写真評論家)× 有元伸也

........................................................................................

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」WOWOWライブ
2/21(日)21:30
昨年12月9日の神奈川県民ホールでの公演を独占配信!












by ken_kisaragi | 2016-01-11 20:33

digital Domain 36  『A Case Of You』

e0192530_22374413.jpg



e0192530_2237732.jpg




明日も明後日も雨らしい
年度末も一段落
静かなポストダブでも聞いて静養したい
ジェイムス・ブレイクでうたたねなんて最高だ
しかしイギリス人てユニークな人が多いな














…………………………………………………………………………………….
久しぶりの展示となります

大阪帝塚山gallery_Limelight
大阪市住吉区帝塚山中4-1-4

企画展 シカク魔に参加します。
前半組4月5日~12日
後半組4月13日~18日
12:00~19:00 最終日は18:00まで

自分は後半組に参加 小全紙2枚です

お近くの方は是非観にきてくださいませ。








by ken_kisaragi | 2015-04-03 21:55 | Digital Domain

東京に行ってきた3

e0192530_20295735.jpg
e0192530_2116224.jpg


一月に引き続き今年二度目となる東京行き。
目的はワークショップ受講の為ではあるが、張照堂の写真展が新宿プレイスMで開催されており
是が非でも見てみたいという思いも強く楽しみにしていた。

「カケェ〜!!」 とにかくカッコイ写真展である。
最近デッドパン風に捉えた標本的な写真や、ストリート・ビュー的な無表情写真を見る機会が多かった所為もあり、
個人的思い入れを強く感じさせる熱い写真に飢えていた。
標本的な写真と言うのも、それはそれで価値が有り写真の大切な側面であるとは思うが、
自分が見てみたい種類のモノではない。

壁面から「どやぁー!見てみいっ!」という作者の肉声が聞こえてきそうなくらい勢いが有る。
少しあざとさを感じる部分も無くもないが、
読み解きを容易にする為の配慮だろうとも受け取れる、、、、。

カラーはデジタルかな?。
モノクロはフィルムスキャンしてカラーと同様インクジェットで出力されたプリントだと思う。
モノクロも素晴らしいが、それに増してカラーが圧倒的で口アングリして暫く立ちすくんでしまった。

張照堂の写真集を買うため5Fに上がり、マイフェイバリットの写真家瀬戸さんに「ちょうだい」という話をしたところ、
5Fから3Fまで熱心に探して頂いたが在庫切れ(涙)
特別にサンプル本をスペシャル価格で販売して頂けたw

加えて既に完売した豪華本も個人蔵書を書庫から持参して頂け、わざわざ見せて頂く事ができた。
欲しかったけどね、、、。
瀬戸さんとは初対面であるが、その只ならぬ目力には圧倒されたよ。

e0192530_21165538.jpg

by ken_kisaragi | 2014-04-14 21:23 | 東京に行ってきた

2014 JPS展 展示プリント発送する

ILFORD MGFBWT1K e0192530_7135863.jpg


『第39回 JPS展』での展示用小全紙プリントを焼き上げた。
去年入賞した『第13回全日本モノクロ写真展』でのプリントは主催者側が
インクジェットで半切プリントを作ってくれたが、今回は入賞者側が大判プリントを用意する。
e0192530_7142113.jpg


既にポートフォリオ用、コンテスト応募用と何度もプリントしているので、展示用を焼くことに苦労は無かった。
写美地下の照明環境を思い出しながら3パターン用意し翌日1枚セレクトする。

印画紙は慣れ親しんだイルフォード温黒調光沢バライタ。
応募プリントと同じ印画紙、同じトーンで焼き込みも同様に仕上げたが、やはり展示用の方に冴えを感じる。
印画紙は大きい方が焼き易いし、作品の持ち味を考えると小全紙の大きさがベストなのかもしれない。

全紙パットに沈んだ水の中のプリントを見ながら「我ながらうっとりするなぁー」、、、
翌日乾燥したプリントを見てもうっとり感に変化が無かったので一安心w
気をつけないと水に沈んだプリントは過分に美しく見えるのだ。




昨日、発送用にA2のパネルを保護用に使って梱包もそのまま再利用して
ゆうパックで送付した。
次に目にするのは東京都写真美術館・・・5月だ。
by ken_kisaragi | 2014-03-30 07:18 | 2014JPS展

暗室日記39

ILFORD MGFBWT1K e0192530_10283063.jpg
e0192530_10284787.jpg


去年の9月から6×7で撮り溜めている滋賀。
延べ6回遠征しコンタクトシートは既に50枚程のボリュームとなった。
プリントに値するネガが何枚見つかるかが心配であったが暫く寝かせてセレクトしてみると、
とりあえず25枚コマ程度は焼けそうなので一安心する。

海外での撮影では光を工夫しながら撮ってる余裕はないが、滋賀と言えども近場なので気の済む迄時間をかけられる。
ダメだったらもう一回往く事も容易だ。
そのせいか滋賀のネガはプリントし易いコマが多く、苦労せず手焼き出来るのが嬉しい。

とりあえず今年一杯は滋賀巡りを続けるつもりであるが、その他いっさい撮っていないと言うのも考えもの、、、
来週は香住へカニを食べに出かけるので久々にF3でガンガン撮ってみたい。
冬の日本海が楽しみだ。

・・・

DPシリーズが一新されるようだ。
シグマもようやくデザインに気を配れる体質になったのだろうか、ルックスはイケてると思う。
しかし大幅なディスカウントが期待出来る現行シリーズの新古や中古が狙い目かもw
45mmというのは中途半端なイメージが有ったのだが、富士クラッセを使ってから印象が変わった。
案外使い易い。
by ken_kisaragi | 2014-02-16 11:05 | 暗室日記

暗室日記38

e0192530_1981470.jpg
e0192530_198147.jpg


先週土曜日は滋賀に遠征する。
第二京阪ー京滋バイパスを利用する事で京都中心部を迂回出来るので
昔に比べると車での往来が便利になった。
残念ながらサマータイヤしか持っておらず凍結が心配であったが、ここ暫く温かい日が続いたのが幸い。

日曜日はブローニー5本の現像とコンタクトシート16枚プリントする。
好きなCDを鳴らしながらの暗室作業は楽しい。
照明を落とした部屋で音楽を聞いていると時間を忘れてしまう。

最近のヘビーローテーションはジェシ・ヴァン・ルーラー。
モード的な解釈での速弾きもさることながら、バップらしいコード展開に沿ったインプロヴァイズが心地良い。
オランダの人らしくECMとは違ったヨーロッパテイストが新鮮だ。
ちょっと若き日のデビッド・ボウイに似ているなぁ....。
by ken_kisaragi | 2014-02-03 19:32 | 暗室日記

東京に行ってきた2

e0192530_1904030.jpg
e0192530_191399.jpg


大阪駅より21:30分発のJR高速バスは新宿着が翌日の6:30分。
自分はどこでもスグ寝れる人間なのでり8時間たっぷり寝ることが出来た。
2階建ての大型バスに横3列シートなのでビジネスクラス並の広さは有るが、
飛行機とは違い路面のウネリや段差での振動は強い。
寝付けの悪い人は新幹線や飛行機を利用した方が良いと思う。

時間通り無事新宿に到着、とにかくサウナに入りたくて新宿歌舞伎町に向かう。
早朝1時間コースが800円という驚きの低価格はありがたい。
8時頃にマクドに入り朝食を済ませ、先生への質問事項を箇条書にしたり、
再度持参プリントの配列を見直す。

先生との待ち合わせ時間は11時に東京写真美術館。
マクドを出たのが9:30、ちょっと早いが新宿から恵比寿へと移動する。
恵比寿駅からは動く歩道を使わず、下道でグリーンガーデンまで歩いた。

とにかく困ったのはタバコを吸える場所が見当たらないのだ、、、
大阪ではタバコを販売しているコンビニの入り口の前には必ずと行っていい程灰皿が用意されているが
東京のコンビニはタバコを販売しているにも関わらず灰皿が置いていない(泣)
路上喫煙事情は大阪に比べかなり厳しいようだ。
なんとか喫茶ルノワールを見つけウインナーコーヒーとタバコ3本吸ってようやく落ち着いた。

e0192530_1911049.jpg


しかし恵比寿界隈の風土はいいなぁー、何枚かスナップを撮りながら「新宿より遥かに東京を感じるぞぉー」
などと早々におのぼりさん気分に浸る。

10:30に東京写真美術館着、さすが館内の書店には涎がでそうな写真集が盛りだくさんで数冊購入、
持ち帰るには重すぎるので郵送してもらった。

先生は既に郵送していたポートフォリオとカチェットボックスをリュックに詰めて時間通り来て下さった。
さっそく1F喫茶でレビュー開始、、、。
「ポートフォリオに纏めたシリーズはZINEにしないさい、形有るものに残したほうがよい」
などと嬉しいコメントを頂ける。

今取り組んでいるシリーズは67のベタ焼き30枚を持参、
テーマやコンセプトについての考察や今後シリーズを完成させるうえでのヒントを授かる。
やはりこの辺りの目の付けどころは凄いなぁーと感心した。

プリントについては「コントラストの強い写真を柔らかくプリントしてみなさい」というアドバイスを受けた。
確かに自分のプリントは早朝や夕刻の写真が多く、柔らかい光を緩くプリントする事が多い、、、、。

e0192530_1911275.jpg


1時間あまり面談して頂き、12:30に終了し13:00に恵比寿駅のラーメン神座で昼食をとる。
どうとんぼり神座に比べると塩味の効いたあっさり系、大阪の神座はもう少しスープにコッテリ感がある。

先生が重いポートフォリオを持参して来て下さるとは予想外であり、
てっきり着払いで返送されるものだと思っていたから、ショルダーバックに余分なスペースは無く
恵比寿駅構内の300円均一ショップでトートーバックを購入する。

次の目的地は四谷の某ギャラリー。
自分がネパール行ってポートレイトを撮る契機となった作家の個展が開催されているのだ。
氏の個展は3回目、昨年の夏は直接お会いし、話を聞く事も出来た。

何をどう思ったか新宿から四谷の某ギャラリー迄歩く。
歩く事は苦にならないが、ショルダーバック二つが結構重い、、、
バケペンにレンズ3本とF3にレンズ1本+カーボン三脚1本程度の重さかな。
加えて、近辺迄辿り着いているのだが場所が分からず20分程度迷子状態となる。
なんとか辿り着いて、久々に氏の最新作を堪能できた。
無人状態であったが、図録購入のためオフィスに声をかけると、氏が出て来られビックリ!予期せぬ再会に驚いた次第。

アポも取らずいきなりであったが東京へ来た経緯を話すと、
なんと自分のポートフォリオを見て下さるという嬉しい展開!!
来展者多い中、取組中のベタ焼き30枚も丁寧に見て頂きホント頭の下がる思い。
氏が影響受けたと言う写真集、Kevin Bubrisk『iPortrait of Nepal』も見せて頂けた。
・・・
ギャラリーを出た時にはヤルキ満々、とにかく写真を撮る事において大きな励みになった。

e0192530_1911541.jpg


16時には中野駅で<暗箱夜話>さんと待ち合わせしているが、既に時間は15:30分
新宿駅迄タクシーを飛ばし、なんとかギリギリ間に合う。

お会いしてスグに中野ブロードウェイを案内頂き、そのディープな世界に驚く。
大阪の電気の街日本橋が今後生き抜くには、こういう世界も手本となるのでは、などと。
装幀デザイナーとして数々の写真集を手がけておられる氏にも持参のプリントを見て頂けた
・・・
<暗箱夜話>さんと一件目、二件目と酒席が続き時間を忘れ、
気がつけば東京駅発23:00のバスに間に合うかどうか際どい時間w
なんとか滑り込みセーフで乗車すると即爆睡、、、目が醒めるとなんば湊町バスターミナルに到着していた。
モスバーガーで朝食を終えサウナ・ニュージャパンでマッサージを受け午前を過ごす。

まったくと言ってよいほど東京散策は出来なかったが充実した1日を過ごす事ができた。
次は全紙のプリント40枚抱えて上京したいものである。
by ken_kisaragi | 2014-01-26 19:20 | 東京に行ってきた

東京に行ってきた1

e0192530_183625.jpg
e0192530_18583681.jpg
 
東京写真美術館で開催中のジャック・アンリ・ラルティーグ・・・いいなぁー


予想以上に東京はスケールが大きく、
新宿四谷系ギャラリーを廻るだけでも一日では厳しい。

かなりの強行軍でであったが3名の
憧れや尊敬の念を抱くフェバリットな写真家やデザイナーに
自分の写真を時間かけてレビューして頂けたことが何より嬉しいかった。
とりわけ23時発/深夜高速バスの時間迄おつきあい頂けたWさんには感謝!

e0192530_19103545.jpg

by ken_kisaragi | 2014-01-20 18:54 | 東京に行ってきた

at home36 カメラバック その1

e0192530_11173149.jpg


長年使い続けているDomke。
ダメージ加工やケミカルウオッシュした訳でもないが、既に外観は501ビンテージの様相。
破れや綻びはまったく無く、見た目以上に丈夫だと思う。
e0192530_11181184.jpg

しかし単行本や雑誌、スポーツ新聞や写真展の図録を持って出たり買って帰ったりする事が多く、
背の低いカメラバックには入れづらいのが難点。

最近のお気に入りはOrobiancoの4WAY トート ショルダーバッグ 。
軽く強く大四つのポートフォリオも無理なく収まる。
カメラを収納するときはチャックを開けっ放しにすることが多いのだが、
バック自身が形崩れせず、出し入れしやすいのが嬉しい。
67本体とレンズ3本+ほか弁+水筒+単行本程度は余裕で収納出来る。
メッセンジャーバック風に後方固定する為のストラップが付いているので自転車乗りにも最適かと。

フィールドではカメラは首にぶら下げるのであるが、キャリースピード製ストラップは重さを感じさせない。
OP/TECH USAを使っている方にはお勧めです。
e0192530_11181322.jpg

Orobiancoのリボンは通常外しています・・・念のためw

【写真展のご案内】
.................................................................
朝日新聞主催『第12回全日本モノクロ写真展』
富士フォトサロン(東京)名古屋ワキタギャラリー(名古屋)での入賞展は終了しましたが

最終の巡回展が下記の通り開催されます。
岡山県津山市文化ホール(2014年1月10日〜13日)
入選作品名は『弟の子守り』 ちなみに作家名は本名名義です
.................................................................
ギャラリーLime☆Light企画展『more LimeLight』
開催期日
2014年1月5日~18日(土)水曜日定休  
営業時間 12:00-19:00 最終日は16時迄
大阪市住吉区帝塚山中4-1-4

お近くの方は是非ご来場くださいませ。
by ken_kisaragi | 2014-01-13 11:29 | at home