鳥人の翼 In order to get

Nikkor AF 28-70mm f/3.5-4.5D

HP5/D76(1:1)


e0192530_20335933.jpg

28mm 樽型歪みが大きいのが残念



F80Sに28-70mm f/3.5-4.5Dという軽量コンビの組み合わせで撮ったネガを現像してみた。
「やっぱりなぁ、、」という結果に終わったのは少々残念、
大昔より物置に放置していたのにはそれなりに理由があったのだ。

このレンズ、ちょっと絞ればそれなりに写るし抜けも悪くない。
問題は広角側の樽型収差がかなり大きく撮るものを選んでしまうのだ。(パースの話ではない)
直線を基調とした被写体はでは特に目立つ。
望遠側は暗さを除けば優秀なので実に惜しい。

しかしこの軽さを考えると許せるかもね、
今の俺的には「大目に見てやろう」なんだけどw
できるだけ樽型収差が目立たないモノを撮るべし、
テクでカバーやっ!(笑)








# by ken_kisaragi | 2016-10-27 20:32

i'll Be Gone 3/26

HP5/D76(1:1)



e0192530_21193458.jpg











# by ken_kisaragi | 2016-10-26 21:10

F6-Nikon

e0192530_22342299.jpg




ニコンF80Sはメチャ使いやすく、貰い受け二週間足らずで36コマを14本撮ってしまった、
100ft巻をこれだけ早く消費していくのも久しぶりである。
あまりにも良くできたカメラなんで先週予備にもう一台購入した(3,000円税込 送料込)w

その勢いが波に乗り、
よせばいいものを昨日馴染みのカメラ屋にF6の未使用品(メーカチェック済)という物があったので触らしてもらった。
一見したところ新品、もしくは新品同等であることに間違いはないが
量販店で触った個体のシリアルに比べると桁がひとつ少ないので初期製造品だと思われる。

店員さんに話を聞くと、個人から買い受けた物ではなくメーカーから卸された商品だと言う、
棚卸しで旧ロットの商品が見つかりアウトレットで放出されたものなのか?
どちらにせよメーカー保証がついてる現行商品であることに間違いはない。
そして案の定、最後のF一桁を手にするのは今がチャンスと衝動買いしてしまった。

とりわけF6のファインダーは見事。
マニュアル一眼にはファインダーの優秀なカメラが多く、未だに愛用者も多い。
そういう方々には是非F6のファインダーを覗いていただきたい、
明るく大きいばかりではなくマニュアルでのヤマも掴みやすいのです。
もちろんAFの合焦は早い!

写りを決めるのはレンズとフィルムだから故障さえしてなければ F80もF6も写りは一緒、
小型軽量、ストロボ内蔵の万能機であるF80も今後も並行して使う予定、
ちょうどNikkor AF 28-70mm f/3.5-4.5Dという小型軽量の暗いレンズが物置に転がっていたので
F80に取り付けてみた、
絞りF8まで上げるとそこそこ写ったような記憶があるのだが、、、、。













# by ken_kisaragi | 2016-10-26 00:44

Digital Domain 5/3



e0192530_2331265.jpg

e0192530_23113335.jpg












Parsecが2へとバージョンアップした
Modifiers という機能を使えばモジュレーションマトリックスに
オートメーション書く事も少なくなりそう
時間できればデモしてみたい













# by ken_kisaragi | 2016-10-21 23:12

i'll Be Gone 3/25

HP5/D76(1:1)




e0192530_22122978.jpg














# by ken_kisaragi | 2016-10-20 22:23

i'll Be Gone 3/24

HP5/D76(1:1)



e0192530_22410552.jpg



アナログレコードの人気復活は世界的な潮流で、世界各国でアナログレコードの売り上げは飛躍的に伸びているらしい。

ドイツの統計調査会社「Statista」によると、2006年には世界全体で3400万ドルだった売り上げは、

2013年には6倍以上の2億1800万ドルにまで増加しているとの事。

イギリスでのレコード売り上げが好調!2016年は300万枚突破で28年前の水準まで復活! というから凄い。


俺はというとレコードは無圧縮でリッピングしてNASに保存、最終的にはデジタル音源として聞いており、

レコードプレイヤーを引っ張り出して聴くことは滅多にない。

それでもアナログらしい雰囲気は残るけどね。


近い将来にはプロ用のデジタル一眼や中判を除くデジカメはスマホに取って代わり、

レコードと同様銀塩フィルムが見直される時代が来ると思う・・・のは俺だけか(笑)


ロック好きには名を知られる「ラフ・トレード」にCDはほとんど置いておらず

主力商品はあくまでアナログ盤であると聞く、

俺も還暦過ぎたらレコード屋でもするかぁ。







# by ken_kisaragi | 2016-10-19 22:23

Limelight  企画展A1 展示作品



e0192530_1713654.jpg



デジタル初デビューとなった
Limelight 企画展A1
ビックサイズのプリントは
癖になりますね
個人的には大変楽しめました


モノクロベースのセピア調色
フィルムグレインは大中小とレイヤー3枚重ね
大きなグレインはガウスでボカシ処理
あらん限りのテクを使いましたが
それが功を奏したかどうかは別問題(笑)

引き続きデジタルも精進します











# by ken_kisaragi | 2016-10-16 17:30

Digital Domain 5/2



e0192530_2139334.jpg







e0192530_21533484.jpg


macのミュージックプレイヤーDecibel
音はいいのだけどグライコのスライダーによる変化量がとても大きい
もう少し効きが緩くても良いと思うのだが











# by ken_kisaragi | 2016-10-15 21:40

Digital Domain 5/1




e0192530_21133989.jpg




最近視力が回復してきてメガネのレンズを交換した
老眼かな? と思っていたのだが実は近眼の度数が強すぎたらしい
裸眼でも免許の更新にはギリギリ問題なさそう


B&Hから今日フィルム100ft 2巻が届いた
発注してからちょうど一週間
送料14ドルの割には速い
2巻だと36コマ34本分
俺のペースだと二ヶ月は持つ




e0192530_2138291.jpg














# by ken_kisaragi | 2016-10-13 21:32

i'll Be Gone 3/23

HP5/D76(1:1)




e0192530_2343523.jpg







頂いたニコンF80Sがすこぶる使いやすいため
やたらフルオート一眼に目がいってしまう
F6が良さそうなんだけど
電池はCR123A×2本というのがなんだかなぁ
電池の減りも早いらしい

あのファインダーを覗くんじゃなかった












# by ken_kisaragi | 2016-10-12 23:02

プリントに迷ったら見る写真集




e0192530_23292671.jpg





上田義彦氏と言えば、80年代にバイテンで撮ったカラー写真の印象が強い、
個人的には坊主頭の子供が睨みをきかすコムサデモードのポスターが大好きだ。
バイテンで撮ったゴージャスでエネルギー感溢れたカラー写真、
良くも悪くもこの時代の日本は元気だったし、俺も今より3倍は元気だった。

10年程前に買った『at Home』上田義彦写真集は今でも座右の写真集なんだけど
使ってるカメラはバイテンではなく小判モノクロ、
世に出てる家族写真は概ね好みに合わないけど、これは例外的な一冊だ。
バイテンでドン!と言う押しの強いイメージを持っていたが
この写真集は実に繊細で赤裸々、レンジを抑えた135のトーンが見事被写体にマッチしている。
写真集を買って早々、このトーンを見よう見まねで身につけようと悪戦苦闘したが、
ただ眠たいばかりのプリントにしか仕上がらず難儀したことを思い出すw。

『First Born』有田泰而(上田氏の師匠)というプリントは上田義彦氏の手による写真集がある。
表紙は6×6であるが中身は135で撮られた写真も多い。
このプリントのため上田義彦氏は二ヶ月間暗室に篭ったらしい、、、仕上がりは流石。

しかし、何度見てもこの表紙写真は痺れるなぁ〜









# by ken_kisaragi | 2016-10-11 00:09