鳥人の翼 In order to get

at home22 ニアフィールドモニターを使ってみる 2回目

e0192530_20561264.jpg
e0192530_2058027.jpg


前回2月17日投稿記事の続きです・・・
小型のスピーカなので間隔を広げすぎるとセンター定位の音が薄くなるだろうと考え、
横幅1mの天板に乗せて使っていたのであるが、これだと音場が真ん中に集中してしまい臨場感が乏しい。
もう少しスピーカー間隔を広げたくなり、結局スピーカースタンドを購入した。
色々とテストした結果、自分の部屋ではツイーター間で130cm程度の間隔で鳴らすのがベストポイントであるみたい。

暗室作業のBGM用に買った安物のスピーカーであるが予想外にも音が良く、
夜間小音量で聴くにはもってこい。 (家人曰く、これが小音量?と見解の相違ありw)
当然、小型スピーカーの恩恵である省スペースにより全紙パットも悠々と4枚並べる事ができる。
これでどんな時でも"no music no life"!

e0192530_20562643.jpg



メインのB&Wノーチラス802を鳴らす時のプレーヤーソフトはMACアプリ「Decibel」であるが、
今回買ったALESIS『M1Active 520』では「Audirvana」を使っている。
「Decibel」のような広大な音場感は無いが、中音の密度感が高く小音量でも聴き易い。

オーバーサンプリングを192に上げるとオーディオ専用に使っているMacBook Air(2GHz Core 2 Duo)では
処理が追いつかず赤信号が点滅、、、「Audirvana」使うにはそこそこのCPUパワーが必要かと。
もっともサンプリングレートを上げれば良いと言うものでも無いとは思うが、、、。
とりあえず自分は96まで上げて聴いている。

本来プロツールス10用のi/oとして買ったApogee Duet2 であるが、USB・DACとしてもけっこう優秀、
欲を言えばリモコンでボリューム調整が出来れば最高なんですけどね。
# by ken_kisaragi | 2013-03-04 22:12 | at home

I'll Be Gone 14

400TX/D76/1:1e0192530_0155213.jpg
e0192530_0165424.jpg

# by ken_kisaragi | 2013-03-04 00:57 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 13

400TX/D76/1:1e0192530_19111537.jpg
e0192530_19113861.jpg

最近レギュラーで使っている印画紙はイルフォード温黒バライタ無光沢24K
イルフォード光沢バライタ純黒に比べ厚みが有り、乾燥時は派手にカールする。

六つ切りサイズのフラットニングは通常半切サイズの画集に挟んだうえ重石を乗せる方法をとるのであるが
この季節、空気が乾燥している所為か印画紙がピンピンになるまで一週間程度がかかる。
とくにエッジ部分の波打ちが手強い。

そんな場合、最終手段として両面を厚手の画用紙に挟んでアイロンをかける。
細かな波打ち、僅かな竹ピン跡なども程度にもよるがキレイに伸びます。
ただ、アイロンのプレス面は印画紙に比べ小さい為か大きなカールは残るので、
再度画集に挟んで二三日フラットニングすれば完璧。

※半乾きやスチーム噴射でアイロンをかけるとエマルジョンが溶けてエライ事になってしまいます(涙)
 ・・・ご注意を!
# by ken_kisaragi | 2013-02-27 19:14 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 12

400TX/D76/1:1e0192530_0533341.jpg
e0192530_0534184.jpg

# by ken_kisaragi | 2013-02-27 00:54 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 11

400TX/D76/1:1 30°5 minutese0192530_20574435.jpg
e0192530_205940100.jpg

# by ken_kisaragi | 2013-02-24 21:05 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 10

400TX/D76/1:1e0192530_1352566.jpg
e0192530_14125475.jpg


大竹昭子著 『彼らが写真を手にした切実さを―《日本写真》の50年』を読んだ
 単行本を一気に読み切ると言うのは何日ぶりだろう・・・これは面白い!!

早速、『眼の狩人―戦後写真家たちが描いた軌跡』『図鑑少年』をアマでワンクリック
どのような小説を書かれるのか? 
ちょっと楽しみ


e0192530_18135172.jpg

# by ken_kisaragi | 2013-02-23 14:05 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 9

NEOPAN100ACROS120/D76/1:1e0192530_229913.jpg
e0192530_2293482.jpg

# by ken_kisaragi | 2013-02-22 22:13

I'll Be Gone 8

400TX/D76/1:1e0192530_23573385.jpg
e0192530_23572195.jpg


カメラ雑誌を買うと、最後のページから目を通す、
それは中古カメラ店の広告を見る為。
これと言って買う予定は無いのですが、まぁー癖ですね(笑)
それにしても広告頁のページ数が少なくなったような気がするのだが、、、どうだろう?

# by ken_kisaragi | 2013-02-21 00:30 | I'll Be Gone

I'll Be Gone 7

400TX/D76/1:1e0192530_212174.jpg
e0192530_2134545.jpg


表紙に野村佐紀子さんの名前を見つけた勢いで日本カメラ3月号を購入した
特集は「さあフルサイズだ!」という事であるが
巻頭を含めグラビア・ページはフィルムで撮った写真が多く
ちょっと意外な感じ

しかし東松照明!! やっぱりいいなぁー

# by ken_kisaragi | 2013-02-19 21:17 | I'll Be Gone

at home22 「First Born」

e0192530_2242072.jpg
e0192530_2243353.jpg

また素敵な写真集が一冊増えた
有田泰而「First Born」
プリントは上田義彦、2ヶ月暗室に籠って焼き上げたとの事
オリジナル・プリントも絶対見たい,,,と言う楽しみもひとつ増えた

# by ken_kisaragi | 2013-02-18 22:14

at home21 ニアフィールドモニターを使ってみる

e0192530_22191870.jpg
e0192530_2381519.jpg



オーディオインターフェイスAPOGEE Duet2はopのI/OBOXを付けるとXLRバランス・ケーブルが使えるのです



愛用のスピーカー、B&W802をリビングに移動した為、
暗室作業時には小型のBluetoothワイヤレススピーカでBGMを鳴らしていたのであるが
もう少し良い音で聞きたいという思いが募ってDAW用のニア・フィールドモニターを購入した。

NEUMANN / KH120Aというドイツのスピーカーが欲しかったのであるが、只今懐具合が許さない。
条件としてはパワーアンプ内蔵であること、低中高それぞれディップスイッチでイコライズ出来る事、
XLRバランス・ケーブルが使用出来る事、以上三つを兼ね備えたスピーカーを物色する。
しかし安いコンデジがRAW対応していない場合が多いのと同様、
三つの条件に叶うハイコストパフォーマンスなスピーカーは数少ない。

やっと見つけたのがALESIS『M1Active 520』と言うスピーカー、
アマやSハウス価格が26,000円程度(ペアー) これでも充分安いが、
メーカーのHP見ると、梱箱痛み品が14,000円!!のアウトレットで出ており即発注した。

あまり期待もせず、しばらく梱包のまま放置していたのであるが、
ハンズでスピーカースタンド代わりに使えそうな杢目の美しい杉の単板を見つけたのを機会に
昨日セッティングしてみた、、、

しかし、これが26,000円のスピーカーか?と思えるくらい立派な外観、
チッサイスピーカーであるが、1本6Kgとずっしり重い。
「Bluetoothよりはマシな音が出るだろう」程度に思っていたが、
いやはやビックリ! 昔使っていたセレッションSL6やロジャースLS3/5Aよりスケール感があり、
音場も暴れず聞き易く感じた。

ともかく小型パワードスピーカーの進歩は驚くばかり、また夜中のリスニングには都合良く、
ついつい夜更かししそうで注意せねば、、、などと思う次第。
# by ken_kisaragi | 2013-02-17 22:30 | at home