鳥人の翼 In order to get

02/14 Valentine's Day 葡萄坂~のどか村

APEMAN A80 HD1080P


チョコは既に飲み屋のママと保険会社のお嬢さんに頂いており、
他に義理は無さそうだし、なにより陽気の良いサイクリング日和でもある。
という事から、早々4Kアクション・カメラの試写を兼ねて信貴山に向かった。

意気揚々と出かけたのであるが、その日の気温だけで山の状況は分かるものではなく、
のどか村奈良側斜面は積雪凍結が目立ち徐行運転。
しかし西側斜面はこの日も積雪凍結はなく、登り下りをカメラアングルを変えながら動画撮影する。



e0192530_17104552.jpg




アクション・カメラはどこに固定するのがベストかというと、
ヘルメットを除くと胸に巻くチェストで固定する方法が一番ブレが少なく、視界も良いようだ。
しかし、乗車ポジションによりカメラアングルが大幅に変わってしまうのが悩ましい。

シッティングに合わせたカメラ・アングルに固定すると
下ハン後方荷重のダウンヒル・ポジションでは地面ばかりが写ってしまい、
撮り直しのため葡萄坂を2度登る羽目になった。



e0192530_17105009.jpg



2度目はハンドル下のレックマウントに固定して試し撮り。
胸チェストに比べ震動によるブレは大きいが、ある意味ライブな臨場感があって悪くはない。
座ろうが立とうがカメラアングルは固定されるので、撮りっぱなしで運用するにはこれがベストかも。
ジャイロ機能をONとOFFを比べると差は大きく、震動の激しいロード・バイクに固定するには
ブレ防止機能は必須かもしれませんね。

露出と色温度調整はマニュアルも可能であるがオートでもまずまず、
ちょっとコントラストがキツイようにも感じるが、激安アクションにそこまで
求めるのは酷かもしれない。
今回投稿している写真はHD1080P MP4の動画から切り出した画像であるが、
iPhoneより劣りはするものの予想以上に写るのには驚いた。
こんなモノで4K手ブレ防止動画が撮れるなんてすごい時代になったもんだ。




e0192530_17105270.jpg


効率を無視すればフォトショップCS6でも動画編集が可能であり、
調整レイヤーが使えるのでグレーディングの自由度はimovieに比べ高く、
フォントが豊富だから動画に合ったタイトルや字幕も作り楽チン。

動画レイヤーを重ねることができるので、凝ったこともやろうと思えば出来そうだ。
何より慣れ親しんだツールという事もあり学習の手間が省ける。
当然マスク・レイヤーも使えるがモーション指定ができないのが残念、、、、
「アフターエフェクトを使いなはれ」とアドビに言われそうだがw

imovieにもコントラストや彩度、色温度の調整ツールは装備されているが、
ハイライト、中間、シャドー部分を個別にコントロールができない。
ただHigh Sierraにおけるimovieのサクサク感は半端でなく、
カット割りまではimovieを使って、カラー・グレーディングとタイトル等、ロゴ関連は
フォトショを使おうかと初心者なりに無い知恵を絞りワークフローを練ってみるw

面倒くさいなぁ~と思いながらインストールしたHigh Sierra、
これが予想外にサクサク動いてビックリ。

..................................


毎回クオリティーの高い動画に驚かされる「The Col Collective」  




























# by ken_kisaragi | 2018-02-18 17:48

02/09 春を感じる葡萄坂〜のどか村



この日気温は平地8度、山頂3度。
登り口でウインドブレーカーを脱ぎ、半袖夏ジャージ+長袖インナーでも汗は流れるが
運動するには体の火照りも必要だ。
まさにこの日はサイクリング日和で、やはり「信貴山のベストシーズンは冬にあり」かと。
02/02では所々、雪や凍結が見られたが、この日は奈良側斜面にも残雪は微塵もなし。
3月からはフィールドを和泉葛城にチェンジする予定なので、今月一杯は信貴山を楽しむのだ。




e0192530_12313852.jpg
カッケー、Di2ドグマ号、、俺の自転車ではありません



最近SNS用の写真はiphoneに任せており、
愛用のマイクロフォーサーズのPEN-Fは動画専用機になりつつある。
フルHDの解像度で撮った動画を4K55インチのTVで見ても粗は目立たず、
「えらく綺麗に写るもんだな」とびっくりした。

最近アクションカメラ搭載の自転車をちょくちょく見かける。
レンズ視野が170度?という画角はフルサイズ換算で15mm程度の画角となるようで
フィールドを一望するような撮影に適した小型ムービーカメラである。

我がカルマ号にもレックマウントを装着したこともあり、取付けに不都合はない。
てな事もあってアクションカメラ本体、その他アクセサリー、マイクロSD 等、一式揃えてみた。

本日時間あればテストしてみよう。




e0192530_12231537.jpg


……………………………


お気に入りのユーチューバーSeth's Bike Hacksさんが
骨折したてかぁ!!  お大事にしてくださいね。


























# by ken_kisaragi | 2018-02-11 12:41

久しぶりにサイクル・ウエアをまとめ買いする

何にせよ物持ちのよい方であり、サイクルウエアも例外ではなく3、4年着用しているものが多い。
自転車に乗るのは週に一度か二度程度で、室内トレーナーで汗を流すときは通販で買った激安ウエア
を着用しているから当然と言えば当然か、、、。

しかしモノには潮時というものがあり、生地が薄くなったり色褪せたりしてきたら年貢の納めどき。
着替えを考慮すると、ここらでウエアの補給をしないと心細くもあり、
今回基本レイヤー一式をまとめ買いした次第。




e0192530_22105218.jpg




大変気に入ったのがラファプロチーム・ライトウエイトジャージー(ロンドン限定カラー?)。
細かな幾何学模様がプリントされた、ある意味ラファらしくないデザインではあるが象徴的な袖ラインは踏襲。
例のラファ・ピンクより彩度が薄く燻んだ色合いがよし。
コアシリーズ・ジャージよりレース・フィットなシルエットで生地は薄く伸びも抜群!
速乾性もかなり高いと聞くが、蜂やアブが寄ってきそうな色なのが心配w

ラファ・コアシリーズ・ビブは今でも愛用しているのだが、
夏ビブはパット無し長足起毛インナーの上に履いて年中着用している事もあり
予備にラファ・クラシック・ビブショーツ2を購入。

ラファ・ビブの耐久性は高く、毛玉や擦れに強く、裾はキツくはないがゴムの質が高いのか
レッグ・ウォーマーがズレ落ちることはない。
トイレも小なら親指を差し込んで下におろせばビローンと伸びるので
タスキを外す必要はないし、長年使っているが生地が緩んでダブつく事は今もない。





e0192530_22111391.jpg

長袖起毛インナーを着ることから、起毛タイプのアーム・ウォーマーを使うことは滅多になく、
今回は薄手メリノウール素材のアーム・ウォーマーと、ちょっと贅沢に思ったが
ソックスもメリノウール素材を奮発した。

以上、ウエア大人買いのおかげで欲しかったギター、
PRS サンタナは暫くお預けだ、、、、悶々。



.............................................



〇〇〇〇音楽が溢れとるなぁ〜とボヤいた時の特効薬がカサンドラ・ウィルソン。
素晴らしい演奏に痺れまくる。

























# by ken_kisaragi | 2018-02-08 22:16

02/02 雪残る葡萄坂〜のどか村



前回の投稿で書いた通り、日中、信貴生駒山系西側斜面は余程の大寒波が到来しない限り登るに支障は無い。
早朝や夜は凍結の恐れが多分にあるが、この日も昼間走る分には問題なかった。
のどか村の東側ではところどころ路面に凍結が見られ、二度ほど登りで斜面で後輪がスリップ、
ダンシングでトルクが抜け「おお〜とっ」冷や汗を流す。





e0192530_22251442.jpg


e0192530_22251736.jpg




日頃からゆっくりクライム、ATポイントを下回る心拍で登っているが、
加えて今日は緩い斜度でもケイデンスを上げずユルユル登った。
しかし思うほどタイムは変わらない事を考えると力の抜き加減も使いようなのか?

クライムにおいて、途中で足つかず休憩しない、、という縛りしか設けていないが
継続は力なり、爺は爺なりにタイムは向上しているようだw





e0192530_22251962.jpg



..............................



この動画にあるような
積雪や凍結で無念の足つきUターン。
これはパンク以上にやるせないね。

しかし速そうで、かっけーお嬢さん達やなぁ〜。


























# by ken_kisaragi | 2018-02-02 22:35

01/26 雪が散らつく葡萄坂〜のどか村

和泉葛城山では積雪による無念の足つきを数回経験しているが、
葡萄坂や十三峠は凍結や積雪で引き返した記憶は7年間一度もなく
「日中であれば信貴生駒山系西側斜面は余程の大寒波が到来しない限り登るに支障は無い」
という妙な自信がある。(経験値によるもので何の確証もないw)


e0192530_11533237.jpg
山頂のとっくり湖 路肩の凍結が美しかった





土日は生業のため時間都合つかず、と言うことで小雪の降るなか信貴山クライムに出かけた。
冬のヤマサイは西風が強く追風状態で自宅から35分で登り口に到着。(案の定、帰路では向風に難儀する)
風の強い平日の極寒日ということもあってサイクリストを見かけたのは一度だけ、
何より車の往来が少なく走りやすかった。

自宅から登り口までの距離は13km、のどか村までのクライムが5.5km、
とっくり湖周回コースが3km程度だから往復40kmとなり、4時間足らずのサイクリング。
この日は曇り時々晴れ、気温は登り口で5度、のどか村がマイナス1度、
一部濡れた路面で凍結が見られたものの走るのに不都合は無い。




e0192530_11533466.jpg
この日の西向風は半端でなし、、小休止





一般的に冬は自転車のオフ・シーズンとされるが
春の毛虫から始まってアブ、ブヨ、蜂、目にたかる小蝿等々を思うに
信貴生駒山系西側斜面に限って言えば冬がベスト・シーズンかもしれないなぁ。
今月はもう1回は登りたいところなのだが、、、。


..............................................



夏に室内トレーナーを固定ローラーからピストと同じく固定ギヤのスピンバイクに変えた。
コイツの良いところは15kgあるフライホイールの慣性が働いて下死点での抜重タイミングを強制的に教えてくれる。
おかげでケイデンスは20%ほど高速化し、揚げ足のマイナスベクトルは大幅に少なくなったはず、、、
なんだけど、葡萄坂タイム更新は5%の短縮にとどまる。
感覚的には少なくとも10%を見込んでいただけにショボンの巻w
しかし心拍データーから判断すると、ペダリングスキルをスピードへと転化せず、
楽な省エネ・クライムへと転化しているんだろうね、実に俺らしい。(笑)



e0192530_11505204.jpg


..........................................



youtubeが観れなくなったアマゾンFire TV であるがFirefox 経由だと見れるとか?
ふむふむ。




























# by ken_kisaragi | 2018-01-28 12:39

サーヴェロタイプ・エアロハンドルにRec-Mountを取り付けてみた


サイコン用マウントステーとして以前からRec-Mountを使用していたのだが、
新たに装着したサーヴェロタイプ・エアロハンドルの形状では使用できず、
とりあえずステムの上にサイコンを取り付けたが視線移動が大きく見にくくて仕方がない。


e0192530_18202313.jpg


Rec-Mountには多数のサイコン・ステーがラインナップされており、
改めてカタログを見ているとサーヴェロエアロハンドル用のステーも用意されている。
値段はちょっと高いが、コレを取り付けない手はない、ということで早速ポッチてみた。



e0192530_18202692.jpg



とにかくステムのハンドル固定用ボルトを延長し、アルミダイキャストの台座を固定するという
素晴らしいアイデアには脱帽。
工夫すれば自作できそうな気もするが、ライトやアクション・カメラも搭載できる
という拡張性を考えると買っておいても損はない。

延長ボルトとアルミダイキャスト台座の剛性感は流石Rec-Mount、
指で触ってもビクともしない。
悪路を走ってもサイコンがが振動でズレることはまずないだろう。
そのうちGoPro も付けて動画デビューしたい今日この頃です。




e0192530_18202960.jpg



e0192530_18203277.jpg


ついでにヘッドベアリング周りの清掃とステムをツートンカラーに塗装する。
ベアリングはシールドタイプであるが、7年間酷使した今もオイル漏れやガタはなく、
受け側の当たりにも問題はない、、、と言うかほぼ新品状態で汚れすらない。
フォーク自体も当然カーボン製であるが芯棒はアルミなんだねw
ステムをツートンにしたのは目の錯覚を利用して水平ステムの雰囲気を出したかったのです、どうよ!(笑)

テールライトはプラ板で台座を作りシートレールにタイラップで固定、ライト上蓋に穴を開けてビス止め固定。
サンマルコ純正のようにスマートに収まってニマニマ。
もう暫く手を加えるところはない、、、と信じたい。

ガーミン用のマウントは中華製の安いモノも幾つかあり、
俺も他の自転車に600円程度のマウントを文句なく使っているw
今や先進国での物作りは圧倒的な創意工夫をもってしか生き残れないのかもしれないね。



..............................


お気に入りのYOUTUBER、Seth's Bike Hacksさん。
この動画観てると自転車ガレージのアイデアが一杯!、、、面白いわ。




























# by ken_kisaragi | 2018-01-24 18:31

今年は「OK Google !」にハマりそう


横着な自分がズルズルと長年楽器を弾き続けてこれたのは、手を伸ばせばいつでも弾ける状態の楽器が
あったからに違いない。
メインの電源スイッチを入れればアンプとエフェクターは全て稼働、ギター弾く準備は10秒とかからないし、
フルサイズ61鍵MIDIキーボードに至っては机の引き出しを引っ張ればすぐ弾ける。

macソフトのLogic Pro XやREASONでもアンプやエフェクターを組んでいるが
音を出すまでに一手間かかるのが焦れったい。
Google Home の「OK Google !!」だけで動かないものかw? 
タブレットの神アプリ、iReal Pro内の選曲を「OK Google !!」ができれば最高なんだけどね。




e0192530_22041539.jpg







ディレイはデジタルだろう、と思っていたが、
知人が持っていたMXR Carbon Copy Analog Delayがなかなか良かった。
なるほどスプリング・リバーブにはアナログディレイが似合うのだ。
黒かと思ったが、暗いグリーンメタでカッケーわ、、、。


……………………………



既に10年近くのおつきあいである大阪帝塚山Gallery&Darkroom Limelight。
自分の出展参加は年に3、4回という頻度であるが、今後もマイペースで参加したいと思っている。

当ブログにおいて臆面もなくセルフポートレート写真を掲載することも多い今日この頃であるがw
今回の出展作品もセルフポートレート。
作品撮りではゼラチン・シルバーで仕上げることが多いが、
去年に引き続き、年初展示はデジタル撮影、インクジェット出力となった。

sRGBプロファイルで撮ったデーターをSilver Efex Proでモノクロ化。
フィルムシュミレーターはアグファAPX400をセレクト、
使い慣れたHP5のモデリングはオリジナルとはほど遠く、なぜだかAPX400が一番近いという不思議w
セピアカラーにトーニング、少し彩度を落とし温黒調に仕上げ画像枠を付与。
余白部分の紙ベースカラーはフォトショで塗りつぶすのだが、これがなかなか思うような色が出ず
思わぬところで苦戦した次第、、、、。


ご近所の方は是非見に来てくださいませ。

……………………………………

More Limelight展

大阪帝塚山Gallery&Darkroom Limelight
2018年1月12日(金)〜20日(土)/17日(水)休廊
12:00〜19:00最終日は18:00まで

展示形態は今年の抱負を頂いて一緒に展示するという企画展

参加者一覧 (敬称略)
岩森洋介 / 卯善康弘 / 勝山信子 / 門脇大敬 / 如月堅 / キシノユイ
北角順一 / コウガチコリ / ササキ隆志 / 佐藤柊 / 嶋田裕司 / 下政一 / 田浦ボン
竹内啓太 / naokoring* / 中井智子 / 中田絢子 / 中博之 /
成田直子 / 橋本綾 /林慈郎 / 藤田莉江 /舟木健児
藤田莉江 /舟木健児 / まつイマさき / 松浦恵 / 丸上昭弘 /三浦吉幸
satoshi miyake / 村上ひさよ / 吉田ヤスヤ / 吉原直子 / 兒嶌秀憲


……………………………………


ロベンさんはブースター一発で弾いているけど
ミックス段階で僅かなリバーブとショートディレイをかけてるのかな?
スタジオの残響と遅延だけとは思えない。
しかしDumble Amp Overdrive Special 、、、、いい音するわ、もうウットリ。

























# by ken_kisaragi | 2018-01-11 23:59

謹賀新年


新年明けましておめでとうございます(^o^)
と繰り返し言われながら年玉配布が続く正月二日目。
お年玉という財布のダイエットはいつまで進行するのか(笑)
とは言うものの身内の次世代ホープが沢山集まってくれることは嬉しい限りであり、
そのご祝儀と思えば安いもんだ。





e0192530_15124529.jpg
後ろ姿で失礼
飲みすぎた酒や食い過ぎた御節料理のオーバーカロリーを
消費すべく元日よりスピンバイクで汗を流す

我ながら感心w





ローラー台やスピンバイクトレーニングしている時にしかアメドラは観ない!という縛りを課して一年になるが
これが功をなしてか毎日1時間以上回すことができた。(実走日や飲み会日を除く)

しかし1時間というのはアメドラを観るには中途半端な時間で、一話43分であることを考えると二話86分を
トレーニングに割り振った方がケジメがつくが、飽きずに観れて回せる塩梅が1時間なのである。

退屈防止にZWIFTもスピードケイデンスセンサー、USBドングルという最低限の機材で試してみたが、
フィットネスレベルの心拍ベースでしか回さない俺にとって、タブレットで観るプライム・ビデオに
勝るものはなさそうだ。

「OK Google」の認識精度も高くなってきて、フリーハンドで操作できる領域も増えてきたのは嬉しいところ。
当初、スマホやタブレットに向かって話しかけることには違和感あったが、慣れると「OK Google」ばっかしw。


.................................


12月はメンテやチューニング、 フレーム塗装を実施、今年の実走待つ3台。
今年も怪我や故障なく山や森を走りたいところです。


e0192530_14524147.jpg
トップチューブの塗装デザインを変更、差し色の赤をガンメタに塗り替え



e0192530_14525681.jpg
実走稼働率no1 5度目のチェーン及びスプロケ交換実施



e0192530_14532432.jpg
クライム速度NO1! 電動ママチャリ改のKOM号
9月にマッドブラック、光沢ブラックのツートンに全塗装済み
新たにタイヤをスリックに入れ替え






..................................

raphaのショートムービーにはいつも感心させられる。
これなんて、なかなかどうして。




























# by ken_kisaragi | 2018-01-02 16:40

今年もよく頑張った more everything!



e0192530_19134211.jpg



今年もいよいよカウントダウン
昨日の葡萄坂TTは近年稀に見る自己ベストタイムで走り納め

速いアスリート出会うこともなく
フィニッシュ・ポーズを決めた
爺もまだ少しは頑張れそう(笑)

今日は静かにギター弾いて終えたいと思います
みなさま良いお年をお迎えくださいませ





...............................




バージョンアップしたものの、ほったらかしのReason10
来年は腰を据えて使い込むぜ!





































# by ken_kisaragi | 2017-12-31 19:30

Poc/Carl Zeissにインナーフレームをはめてみた



今流行りのゴーグルサイズのアイウエアにおいて
Oakley Jawbraker人気の影に隠れてはいるが、欧米で根強いファンが多いPoc Do Blade 。
カジュアルなデザインは街乗り用の帽子ともマッチングよく、
戦闘的なデザインのJawbrakerとは好対照。




e0192530_12204415.jpg

中段のシマノ・アイウエアのインナーフレームをフル活用



残念ながらJawbrakerと同様、Poc Do Bladeにも純正のインナーフレームは用意されていない。
Jawbrakerではシマノ・アイウエア純正インナーフレームを不具合なく挟み込めたがPoc Do Blade
でもなんとか工夫出来ないものかと、某スポーツ用品店で試させて頂いたw




e0192530_12210225.jpg



本来シマノ純正インナーフレームはノーズパットに挟み込み固定するものであるが、
Jawbrakerではレンズ交換ノブに挟み込んで使用している。
ところが、Poc Do Bladeでは純正と同様、ノーズパットに挟み込んで使用できるのだ。
さらにカッター等でノーズパットとフレームの間に少し隙間を設けてやるとしっかり固定できる。
こういう嬉しいサプライズは日頃の行いの賜物か、クリスマスの奇跡と考えたいw
工作に自信のある方は自己責任でドゾ。




e0192530_12204804.jpg




毎回悩みの種であるノーズパットの形状であるが、
Poc Do Bladeのノーズパットは柔軟に変形してくれるので
フィッティングに苦労することはなかった。
100キン製のメガネストッパーをつければズレることはまずないだろう。

レンズの内側コーティングが優れているのか、
ゴーストやフレアの発生が大変少ないのは流石Carl Zeiss。

コンタクト・レンズを勧められる事が多く、いろいろと試してみたが
どれも装着時の居心地の悪さから解放されることがない、どうも俺には合わないようだ。





e0192530_13353686.jpg






























...............................................



秋からザ・スミスのライブ音源ばっかり聞いている、、いいわ。


































# by ken_kisaragi | 2017-12-23 13:31

Rapha CLASSIC GILET IIをゲット





e0192530_21362371.jpg



夏場以外のスリーシーズンで愛用している俺の必須サイクルウエアが防風ベスト。
長らくRapha CLASSIC GILETを愛用しているが
GILET IIへと進化した防風ベストが発売されている事もあり、今回色違いを買ってみた。
黒ベースのGILETでRapha文字の反射がステルスのようにピッカとするのがかけぇ〜。
大阪の信貴生駒山系西側斜面であれば真冬のクライムもGILETで充分。
平地巡航も日中であればウインドブレーカーをGILETで締め付けるように上に着るとそれなりに暖かい。




e0192530_21373400.jpg
スリーブランド混成スタイルですw




ユニクロのウルトラ・ライトシリーズは防寒性や携帯性に優れたお気に入りで
市街地を自転車で乗り回すのには最適であるが、スリム・フィットには程遠く、
向かい風の強い堤防上サイクルロードだとパタパタ揺れて膨らむのが難儀するところ。
専門メーカーのウエアはシルエットに加え、たっぷりストレッチするのでサイズセレクトにも
余裕があるのだ。




e0192530_21381854.jpg



………………………………………




まだまだ先の話になるが還暦祝いに次期ロードバイクを買ってやろうと考えている。
俺的には「次はクロモリかな」と年相応に思うようになってきた。
意識上の進歩なのか衰退なのかは微妙ではあるがw
間違った選択ではないだろう。
油圧ディスクとDi2は載せたハイテク・クロモリなんてどうよ。



























# by ken_kisaragi | 2017-12-11 22:04