鳥人の翼 In order to get

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

再びテレキャス 3 「RSD Telecaster Bridge」

e0192530_11194431.jpg




e0192530_11315935.jpg

ipadには1,600円の神アプリ『iReal Pro 』 ・・・楽器演奏者には必須ソフトかと



【過去の記事】
再びテレキャス2
再びテレキャス1
いまさらテレキャス


紆余曲折を繰り返しながらもお気に入りの一本が見つかり、ようやく自宅に持ち帰ることができたテレキャスター、
重いハードケースを開け、パッケージされている備品が未開封であることにニマニマする。
かぞえてみると新品のギターを買ったのは15年ぶりなのである。

E-TE-92CではKeeleyのコンプやMXRのグライコをクリーン・ブースト的に使うことが多かったのであるが、
今回買ったCustom Deluxeではアンプ直でも張りのある元気な音がする。
アッシュとハードメイブルの二重構造のボディが効いているのか、
剛性が高いと言われるRSD Bridgeによるものかは分からない。
DAWファイルのギタートラックを録り直して聞き比べると、アンサンブルに埋もれることなく前に出てくれる。
試奏時にも感じたことだが、音がシッカリしているからショートディレイやリバーブかけても曇りにくい。

搭載されているピックアップはTwisted Tele Pickups。
E-TE-92Cに搭載されていたセイモアダンカンは内部配線の仕様も含め独特なサウンドであったが、
カスタムデラックスは正統派テレキャスの音。
出力は大きくないがノイズは少なく、クリーンブーストしてもザワザワしないのが嬉しい。

外観はボディバックとエルボー部が大きくコンター加工されており、角が取れた分ゴツさは薄れ少し華奢にみえる。
ネック幅は常用している2台に比べバインディングが無い分狭いが、厚みは充分あり弾き替えたときの違和感は小さい。



e0192530_11331858.jpg




外観で際立つ特徴としてはRSD Bridgeがある。
『正確なイントネーションとヴィンテージ・ライクなルックス , サウンドを両立させるブリッジ機構を採用。
中央のブリッジ駒は溶接しているのではなくブラスを削り出しの一体成形で弦の振動伝達が優れている。』
マニュアルにはそう書かれているが、
これに類するものはアフターパーツが沢山出ているので別に目新しくもないような気がするw
しかし、その形状はテレキャスのブリッジは確たるべし、と思えるほど素晴らしいデザインだと思うが
人の好みは多種多様、ボディとネックに使われているAAA級のフレイムメイブルと同様、
好みがハッキリ分かれるところだろう。



e0192530_11351819.jpg

黄色いケーブルを使うとガリ発生、コタツ模様の黒は異常なし

e0192530_12111514.jpg

弦を通す縦穴がない!




気になった点は以下3つ。

1)
既に常用しているシールドはカスタムショップ製で、今回買ったギターに同梱されている
シールドと同じモノなのだが、たまにガリノイズが出る。
ちょこっと調べてみると、このギターに使用されているジャックの外径が微妙に大きくコールド側の接触が悪い。
何本かのシールドを試した結果、ガリが出ないシールドも有り、
一概にジャックの不良とは言えないが、「なんだかなぁ〜」という気分。

2)
ピックガードに貼られた透明の保護シートが剥がしにくいうえ、糊が残ってしまい、
パーツクリーナーを使って何度も拭わないと剥離できない。

3)
弦を交換しようとペグを緩めて初めて気がついた。
「えっ? 穴がない!!」 テレキャスのペグは縦穴式に決まっているという先入観があったし、
安モンの弦を頻繁に交換する自分にとって、クイックに作業が進む縦穴式に勝るものはない。
しかし残念ながら、このテレキャスに使われているのはスパーゼル製のロトマチックタイプでガックリぽん。
・・・しかしロック機構なしのスパーゼルて何やねん?w

それ以外、これといったトラブルは発生せず、購入前の試奏時と印象は変わずイイ感じ。
当面、過去に録った冴えない幾つかのギタートラックをコイツで録り直してみたい。




e0192530_1136196.jpg





キース・リチャーズを筆頭にテレキャスターを使うギタリストは星の数であるが
自分にとってミスター・テレキャスターはロベン・フォード、あのギリギリのクリーントーンは素晴らしい。
機会があれば「ダンブルアンプで鳴らすテレキャスの音にかなり近づけたでしょ?」
なんてロベンフォードさんに尋ねてみたいわ(笑) 
 「Yes, it is very great Telecaster sound!」なんてねw






下町ロケットなFender Custom Shop





【備忘録】
下記二つのイベントはどちらも見逃せません

有元伸也 写真展「チベット 草原 – 東京 路上」
入江泰吉記念 奈良市写真美術館

・会期:2016年2月6日(土)〜3月27日(日)
・開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
・休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月12日、3月22日
・観覧料:一般500円 高大生200円 小中学生100円

トークイベント
2016年2月7日(日)11時〜12時、河瀬直美(映画作家)× 有元伸也
2016年3月19日(土)14時〜、飯沢耕太郎(写真評論家)× 有元伸也

........................................................................................

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」WOWOWライブ
2/21(日)21:30
昨年12月9日の神奈川県民ホールでの公演を独占配信!







by ken_kisaragi | 2016-01-30 12:03

Logic ProXが10.2.1へとバージョンアップ・・早速インストールしてみた

e0192530_18354899.jpg



e0192530_1755387.jpg



昨年12月に導入したWaves 『Abbey Road Collection』やARTURIA 『 OBERHEIM SEM V』 と
ipad版『iSEM』の使い方もようやく覚えて一段落。

次世代シンセサイザーと言われるAlchemyの勉強も引き続き継続しているのだが減算合成方式の知識だけで首を突っ込むにはいささか敷居が高く、七転八倒を繰り返し、ようやくワークフローの流れが見えてきたところ。
50の歳を超えると途端に物覚えが悪くなり、新しい事を勉強するのは腰が引けるが
好奇心のレベルは未だ衰えを知らぬものだからタチが悪い(笑)

Pro ToolsからLogic Pro X へと乗り換えて10ヶ月経過、現在のDAW環境に不満はない。
この安定した環境で安泰に使っていこうと思った矢先に「アップデートが1件あります」と言う
吹き出しメッセージが画面の隅に表れる。
「今のままでイイよ」、、、とは思うものの内容を確認すると変更点や新機能が盛り沢山な内容であり、
タイムマシン機能のおかげで旧バージョンに逆行することも簡単なので
躊躇することなくバージョンアップすることにした。
アクセスが多かった所為か、大した容量でもないくせにダウンロードの所要時間は
30分少々かかったが問題なくインストール終了。

とりあえず立ち上げてみたところ描画リドローが早くなりサクサク感がUPしたような気がする。
マルチスレッド機能も向上したということなので簡単にベンチテストしてみた。



e0192530_17575954.jpg




大袈裟に言うとハリウッド並みか?と思える程のMIDIトラック数に弩級プラグインを刺しまくり、
俺的には有りえな状況を作り込んでも1コアへの偏りはなくCPUの稼働はピークを迎えない。
MIDIトラックがアクティブが否かなんて気にする必要はなさそうで、
謳い文句通りパフォーマンスは大きく改善されていると思われる。
(因みに自分は旧バージョンでも気にしたことがないw)
32bit OS/4GBメモリで四苦八苦してた当時に比べるとLogicに限らずパソコンとDAWの進歩は凄まじい。

一番嬉しかったのはプラグイン・インターフェイスデザインがリニューアルされたこと、
使い勝手もさることながら今風のフラットデザインとなり、ようやくグランドイメージが統一された様子、
しかし一部のプラグインは旧態のままというのが頂けない、ちょっと詰めの甘さを感じるけど、、まぁ良しとしよう。
サンプラーEXS24を現役で使ってるのだけどRetina対応の高画素化はしないのだろうか?
ゆくゆくはAlchemyに統合され、既にお役御免のプラグインなのかもしれないね。



e0192530_17585567.jpg




「あれッ? なんやねん?」と目についたのが『MIDIキーボードの割り当てを作成中』という吹き出しメッセージが
アプリ起動時に毎回出没すること。
MIDIキーボードの動作に不具合は無いのだけど凄くウザい。
いろいろ調べた結果、Logic Pro Helpというロサンジェルスから発信しているフォーラムでよく似た症状が書かれてあり
その対処法を早速試してみた。

Applications/Logic Pro X.app/Contents/Frameworks/MACore.framework/Versions/A/Resources
/MIDI Device Scriptsの中に収納されている該当のdeviceを削除(自分の場合nanoPAD2.device)
したところ見事メッセージは出なくなった。

自分の英語読解力では意味不明なところも多々あるが、この方法は一部のMIDIキーボードが鳴らないという現象を
回避するための対処であるらしい、、、
興味ある方はhttps://www.logicprohelp.com/forum/viewtopic.php?f=1&t=122225をご参照ください。

まだまだ10.2.1を使うというレベルまで弄っていないが、ちょい触り的にもパフォーマンスUPは感じる、
しかしel capitaniでの core midi エラーという苦い経験もあり、暫くは油断できないところですね。











束になったアナログLPの中から1枚を見つける手捌きを繰り返してると
なけなしの小遣いを握りしめレコード店に通った当時を思い出す。
New OrderのTrue Faith 発表からおよそ30年経過、
そう言えば、今年に亡くなったボウイのベルリン3部作の1作目、Lowからは40年。
・・・・
こういう古い音源を聴いてると利便性や効率が作品に与える影響は思うほど大きくなさそうな気もする。









【備忘録】
下記二つのイベントはどちらも見逃せません

有元伸也 写真展「チベット 草原 – 東京 路上」
入江泰吉記念 奈良市写真美術館

・会期:2016年2月6日(土)〜3月27日(日)
・開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
・休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月12日、3月22日
・観覧料:一般500円 高大生200円 小中学生100円

トークイベント
2016年2月7日(日)11時〜12時、河瀬直美(映画作家)× 有元伸也
2016年3月19日(土)14時〜、飯沢耕太郎(写真評論家)× 有元伸也

........................................................................................

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」WOWOWライブ
2/21(日)21:30
昨年12月9日の神奈川県民ホールでの公演を独占配信!









by ken_kisaragi | 2016-01-23 18:16

再びテレキャス 2    繰り返される諸行無常

e0192530_1111452.jpg



e0192530_113014.jpg

カスタムショップ製ギター本体に同梱されている過剰品質とも思える付属品一式・・・オクで高く売れるかも



【過去の記事】
再びテレキャス 1
いまさらテレキャス


前回からの続き・・・・・
自分が一番気に入ったのはカスタムショップ製のCustom Deluxe というタイプ。
ストラトのようにザグリが大きく入っておりフィット感が抜群。
ネックは60s oval "Cというシェイプで厚みは充分あり剛性感タップリで文句なし。
このギターの売りはRSDというカスタムショップ特製のブリッジにあるらしい、
3コマと6コマの良いとこを合体、メタルプレートのデザインはカバーの曲線を取り入れた
温故知新なハイテクブリッジ。

RSDの効果によるものかどうかは不明であるが音のバランスは大変良かった。
ジャンボフレットのエッジは丁寧に処理されており、サテン仕上げのネック塗装と相まって手触り良し、
ローFからハイFまで倍音の広がりは一定、デッドポイントは見当たらず生鳴りの振動にムラは無い。
音はノイズが少ないせいか抜けも良くガンガン前に出てくるからリバーブかけても曇りが少ない。
またトーンの幅が広く4ビートのバップにも使えそうだ。

E-TE-92CTM/LTでは低域の量感とパンチを出すためにイコライザーを使って200hzあたりを
少々クリーンブーストしていたのだがCustom Deluxeの低音の鳴りであれば素でいけそうだ。
マスタービルダー製に比べると音は若く感じるが2年ほど弾き込めばニュアンスは変わってくるだろう。

散々弾かせてもらって申し訳ないが、残念ながらこのCustom Deluxeの色が好みに合わず
購入を見送った。 テヘっ!(→ο←)
罪滅ぼしの気持ちから今年一杯使っても余りあるほどの格安ギター弦を購入、
L-7Cのナット交換を依頼し店を後にする、、、、ああ諸行無常。


e0192530_11191714.jpg

この色のサンバーストが欲しくて買ったテレキャス



引き続き、通販サイトでCustom Deluxeを探すものの大阪での店頭在庫は見つからず
東京の銀座で一本見つけた。
「購入を検討しているので大阪支店に転送できませんか?」と問い合わせたところ
「まかせて下さい」と快く引き受けて頂けた。
店員さんによると「ちょうど今新春セールを実施していますのでお買い得です」との事。

更に注意深くネット巡回していると「同じ店にCustom Deluxeの展示特価商品があるやんけ!」
ピックの引っかき傷なんて気にならない人間であるから俺的には展示品で充分なのだ。

その旨を伝えるため再び東京銀座店へ電話したところ「お客様、あの商品は同じ会社なのですが某支店在庫なのです。」
「値段は某支店展示品特価に合わせますので、当本店在庫の新品でご検討くださいませ」
というありがたい配慮をして頂けた。
念のため再度ネットで支店名を確認すると確かに渋谷店になってるわぁ~ テヘっ!(→ο←)

中一日あけて大阪某支店に商品到着。
ギターは個体による音の変化が大きいから同じ商品であっても油断は禁物、早速試奏開始する。
アンプはFENDER/ Super-Sonic 60 Combo Blondeでテレキャスターとの相性は抜群に良かった。
自宅で使っているアンプと同じくスピーカーはCELESTION VINTAGE30なのだが鳴りは対照的、
練習スタジオで慣れ親しんだツインリバーブよりも高音はクリアで透明度は高い。
ギター本体の印象はミナミで弾いたときと変わらずひと安心、その場で購入決定。


e0192530_11234228.jpg



E-TE-92CTM/LTは下取りに出すことにした。
店員さんは「練習用に使われたらどうでしょう?」と言うものの練習用のギターは他にある、
自分はギターに限らず、使わないモノが身の回りにある事を好まないので躊躇しない。

店員さんは下取りに乗り気ではなかった所為か?査定金額は24,000円。
微妙な金額であるが3ヶ月前に中古40,000円で買ったギターであることを考慮すると妥当な値段かもしれない。
ただし、付属のソフトケースは返してもらった(笑)


・・・・・次回へと続く。




















by ken_kisaragi | 2016-01-16 12:12

再びテレキャス 1

e0192530_17313122.jpg



e0192530_17321822.jpg




二年ぐらい前からテレキャスターが気になり出し始め、昨年の9月にエドワーズのテレキャスタータイプ
TE-92CTM/LT の中古を4万円で入手。(その時の投稿記事はコチラ
何本も試奏したうえで買ったのでサウンド的に不満はなかったが、慣れると思っていたネックの薄さが仇となり
僅か3ヶ月で買い替えてしまった。

メインで使っているGibson Custom Shop製L−7Cや35年以上練習用に使っているヤマハのセミアコに比べ
著しくネックが薄く弾きにくい。
これはエドワーズのギターが悪いわけではなく買った自分の判断ミス、
手が小さい人には細く薄いネックを弾きやすく感じる人も多いだろう。
短い期間であったが鳴りっぷりの良いコストパフォーマンス抜群のギターだった、
もちろん中古購入価格に対してではなく定価に対しての話だよ。

そんな経緯もあって「テレキャスターの掘り出し物があれば連絡ください」と馴染みの楽器店に依頼していたところ
新年早々「Fender USAとFender Custom Shopが現在庫と新入荷分を含め6本程度用意できます」と
メールあり、先週の日曜日に胸膨らませミナミまで出かけた。




e0192530_17334866.jpg




「この店で一番高いテレキャスターを弾かせろ!」なんて事は一言も言っていないが、
錚々たるテレキャスターがズラリと並んでおり、店員さんは「おまちしていました」と満面の笑顔、
どうも『掘り出し物』という言葉の意味するところを充分理解していおられなかったようだ(笑)
京都金杯に勝ち、気持ちの高揚はあるものの明らかに予算オーバーな個体もある、
しかしせっかくの機会、そこは無視して一本一本気が済むまで弾かせて頂いた。

メンテナンスは全台数いきとどいており基本的なスペックに不満は無い。
ただ、同じシリーズでも個体によって音が大きく変わり、それぞれが個性豊かな鳴りにビックリぽん。
因みに一番高価なギターはスイートスポットのポジションが9F以上に偏っており、
ローポジションでは倍音が膨らまずタイトなサウンドでハイポジションへと向かうにつれ二次曲線的に倍音が膨らむ。
気になったのは4弦7F〜12Fの音詰まりが顕著で強くピッキングしてもベロシティが上がらない事、
自分の弾き方に合う人には堪らないかもしれないが俺に弾きこなす腕は無い、という印象を持ったなぁ、、、、

以降次回へと続きます。


・・・

下記二つのイベントはどちらも見逃せません

有元伸也 写真展「チベット 草原 – 東京 路上」
入江泰吉記念 奈良市写真美術館

・会期:2016年2月6日(土)〜3月27日(日)
・開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
・休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月12日、3月22日
・観覧料:一般500円 高大生200円 小中学生100円

トークイベント
2016年2月7日(日)11時〜12時、河瀬直美(映画作家)× 有元伸也
2016年3月19日(土)14時〜、飯沢耕太郎(写真評論家)× 有元伸也

........................................................................................

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」WOWOWライブ
2/21(日)21:30
昨年12月9日の神奈川県民ホールでの公演を独占配信!












by ken_kisaragi | 2016-01-11 20:33

Children treasure

e0192530_19281423.jpg


e0192530_19481363.jpg






身内に限らず、嬉しそうな表情の子供を見ているだけで幸せな気分に浸れる。
この度合いは歳の数に比例しているような気がしてならなず、
順調にオジン街道まっしぐらに進んでいる自分に安堵しないわけでもないw

「俺が俺が」なんて言っていられる歳は随分以前に過ぎてしまったが
人・モノ・情報への関心は衰えず、煩悩のボリュームに変わりわない。

それでも若い頃に比べると消費は大きく減った、
その分、人とか情報への関心や欲求が増えたのだろう。


正月遊びに来た甥っ子に「三十五までは思い煩うことなくやりたいことやってればいいよ」
なんて言ったら家人に強く怒られてしまった。








Fender Custom Shop製 2013 Custom Deluxe Telecaster 
ネックもボディートップも虎杢!
 いい感じやわ・・・・欲すぃ



e0192530_19381396.jpg









今、ライブ映像見たいミュージシャンの筆頭ががSoap&Skin
写真や動画もクリエイトする多才な人
生ライブ見たいなぁ
















by ken_kisaragi | 2016-01-08 20:14

2016謹賀新年 本年もよろしくお願いいたします

e0192530_1244355.jpg

e0192530_11432056.jpg




モンスト屈指のレーザー砲台 アーサーを大晦日ガチャでゲットなりっ

「円卓の加護の元に! 聖剣エクスカリバー!」
v(^◇^)v   ☆~(^-゜)v    v(^o⌒)-☆  \(^O^)/

アーサーが加わると一人マルチも随分楽になる
降臨キャラはご覚悟を

甥っ子諸君に自慢するのが今から楽しみだったりするw

サクサクと神化終わらせ馬鹿も程々にしておかなきゃ(笑)







e0192530_11455181.jpg






e0192530_11521154.jpg












by ken_kisaragi | 2016-01-01 12:03