鳥人の翼 In order to get

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

JPS展初日 東京都写真美術館へ

e0192530_12535282.jpg


Kentmere VC Select Glossy
e0192530_1385086.jpg




先月に引き続き17、18日の二日間上京する。
JPS展の観覧と表彰式、祝賀会の参加、そして自分の作品の見届けが目的である。
表彰式ではJPS会長の田沼さんを筆頭に選者の方々、
JPS役員、写美の副館長、文化庁の芸術文化調査官(凄い肩書き!)、
協賛のメーカーの方々と入賞者、入選者合わせて200名程度が集う。

表彰の壇上に上がるのは文部大臣賞と金賞、銀賞、銅賞迄かなぁーと思っていたが、優秀賞も加えて頂き
自分もスポットライトを浴びながら表彰状、楯、副賞を授与されたのはちょっとしたサプライズ。

東京写真美術館へ行くのは今回で2回目。
「そう遠くない将来、必ず俺の写真が展示される事になるからキッチリ壁面に磨きかけといてちょ!」
などと自分を鼓舞していたのであるが、こんなに早く思いが完遂するとは思ってもみなかった。
想定では全壁面を一人で埋める個展の予定であったが、それは今後の楽しみにとっておくじょーw

郵送時のプリントはバライタ印画紙の自然乾燥状態で送る。
小全紙サイズなのでプリントの波打ちが気になるところであり、ドライマウント・ティシュで裏打ちを考えたのであるが
運営事務局に確認すると裏打ちせず送ってくださいとの返答を頂く。
当日写美地下で額装を確認すると、見事ドライマウントされており平面性は完璧で波打ちは微塵も無い、
さすがプロ集団主催の公募展だけはある、などと感心した。




e0192530_12585827.jpge0192530_1303181.jpg
e0192530_12591258.jpge0192530_1259796.jpg
e0192530_12591788.jpge0192530_12592986.jpg




写真と言うのはひじょうに懐の深い世界であり、目的によって千差万別の形が有り、一括りに何が良いのか悪いのか
なんて誰にも決められないだろうと自分は思っているが、
個展にせよ合同展にせよ、公募である限りそれぞれ選者がいて選定基準が有る。
田沼さんの冒頭スピーチのなかでJPS展の選定基準についての話では
「まず自分が感動した一瞬が写っている事、同時にその感動が多くの人と共有出来る事」だという、
ひじょうにシンプルで分かり易い表現であるがJPS展の公募基準を考えると、これほど的を得たヒントはない。

しかし既成の公募には飽き足らず独自で発表の場を作ったり同志を集ったりする人も多いし、
海外に発表の場を見つける人も少なからず、加えてSNSやブログを含めると発表の場は多岐にわたり・・・
今後は公募の形も変わっていくかもしれないですね。


祝賀会はガーデンタワー3Fのレストランで開催、
ずらりと並んエビスビール、、、コイツは見ているだけで幸せな気分になる。
料理の品数、量、味もそこそこイケルということもあって早々にほろ酔い気分。
初対面の人ばかりだったけど、そこは同じフォトグラファーだから話題には事欠かず。
7名の方と名刺交換させて頂け、面白い話も沢山聞くことが出来た。

・・・エビス何本飲んだのだろう?なんて思っていると祝賀会も”宴たけなわをもってお開きとなる。
しかし、もう少し飲みたいなぁー、という思いも有って、ここらで一つ銀座あたりでボトル・キープすっかぁ!という強い衝動に襲われた。
今年から市ヶ谷で講評講座を受講しており、二ヶ月に一度程度上京する。
馴染みの飲み屋一軒くらい作ってもバチは当たるまい、などと訳の分からん言い訳を呟きながら、急遽後輩を電話で呼び出し飲みに誘った。
そして連れて行かれたのが六本木のキャバクラw・・・大変楽しかったが心を鬼にして延長無しのセット料金で退散(涙)
もう少し馬鹿やっても良かったか?



by ken_kisaragi | 2014-05-31 13:26 | 2014JPS展

Digital Domain 28

e0192530_2025290.jpg


e0192530_203748.jpg


17、18日と東京都写真美術館へ行ってきました・・・詳細は後日

by ken_kisaragi | 2014-05-19 20:27 | Digital Domain

第39回JPS展 開催のご案内

e0192530_1005580.jpg

ネパールで撮った一連のプリントが34枚で底を打つ。
もう一回往って40枚程度に纏めあげねばと暫く醸造するつもりで発表の時期を据え置いてきたのですが、
そのなかからJPS展に応募した1枚が優秀賞に選ばれました。

できれば34枚一同に発表したい思いは強いのですが、シリーズの中に有ってシンボリックな1枚であり、
テーマを濃縮できたように思っています。
5月17日東京都写真美術館より名古屋、京都と巡回、お近くの方は是非見にきて下さいませ。




ILFORD FB FIBER WARMTONE 1K 小全紙
e0192530_7142113.jpg



作品名『兄妹』e0192530_10373332.jpg
ゼラチンシルバープリント
作家名は本名名義となります


e0192530_1883281.jpg
by ken_kisaragi | 2014-05-10 11:02 | 2014JPS展

第2回京都国際写真祭

e0192530_7562714.jpg


昨日、第2回京都国際写真祭を巡りに京都迄出かけた。
見たかったのは「ゼラチン・シルバーセッション」「リリアン・バスマン」「安井 仲治」
「プラチナプリント/オルタナティブプロセス、土佐白金紙と出会う」等々


e0192530_7564115.jpge0192530_757986.jpg
e0192530_7565993.jpge0192530_7565097.jpg



『ゼラチン・シルバーセッション』ギャラリー・マロニエ
何度も書籍で目を通している「ゼラチン・シルバーセッション」であるが、
オリジナル・プリントを見るのは今回が初めて。
上田義彦のチューリップのネガを三好耕三が焼いたプリント、
操上和美の屋上のロバート・フランクを笠井爾示が焼いたプリントがお気に入り、
特に笠井爾示のハイライトの飛ばし方にはナルホドと膝を打つ。

斜交いから眺めながら、この紙の風合いはイルフォードで、こちは富士だな、
などと野暮な見方をしてしまった、、、もちろん確証はない。(笑)

『プラチナプリント/オルタナティブプロセス、土佐白金紙と出会う』
古くから和紙の産地として知られる高知、
そこで生み出されたプラチナプリント用の和紙が、「土佐白金紙」であるらしい。
デジタル・ネガの普及によりプラチナ・プリントにも目を向けられるようになり、
色々な所でワークショップも開催されているようだ。
自分は温黒の柔らかいトーンが好きなので違和感無く楽しめた。
しかし印画紙素材やデベロッパーの主張が強烈で、これを自分のコントロール下に従えるのは
並大抵ではないような気がする。
ちょっと手出し出来ないなぁー。

『安井 仲治コロタイプ写真展』便利堂コロタイプギャラリー
コロタイプと言うのは写真の理論を利用して版を作るいわゆる写真製版法であるらしい。
現在はオフセット印刷が一般的であるが、写真印画と区別のつかないような網点のない印刷が大きな特徴。

「カケェ〜!!」
新宿プレイスMで見た大陸の写真家張照堂もカッコ良かったが大阪が生んだ早世の天才安井仲治も凄い、、、。
和紙を使った風合いからかプラチナプリントに近いものを感じる。
安井 仲治のエキセントリックが温黒調の柔らかさに中和されて少し解毒、
その分見易かった、、、否、1942年に安井 仲治の初版写真集を印刷したのが便利堂で有る事を考えると
慣れ親しんだ写真集の画像よりむしろオリジナルに極めて近いプリントなのだ。

在廊されていた本部次長さんがとても親切な方で、
コロタイプの解説のみならず工房の中の製版マシンまで見学させて下さった。
「シュタイデルさんに見せてあげたいなぁー」・・・などと一人呟く。

次長さんも写真には詳しく色々と参考になるお話を聞かせて頂け、
また特別に細江英公、エメット・ゴーウィンなどのコロタイププリントを見せてもらい
大感動大満足で便利堂を後にする。

あっと言う間に17時をまわり時間切れ、リリアン・バスマンはまた近いうちに見に行きたい。
e0192530_1031452.jpg
by ken_kisaragi | 2014-05-06 10:39

鋼の町49

400TX/D76/1:1e0192530_18435543.jpg


e0192530_1932137.jpg

by ken_kisaragi | 2014-05-05 18:49 | 鋼の町

暗室日記40

400TX/D76/1:1e0192530_5292122.jpg


e0192530_5385337.jpg


昨年存亡の危機に有ったコダック・フィルム。
コダックAlarisという新会社がフィルム事業を引き継ぎ、とりあえず一安心していたのであるが、
6月1日より大幅値上げするらしい、、、と
月2、3本しか撮らないN君は大騒ぎしていた。

400TX135の100ft缶が現在¥9,380のところ価格改定により¥15,400となる。
おおよそ35コマを18本取れるとして1本あたり¥855、
ヨド実売で¥12,000程度だろうと勝手に予想しているのだが、だとするとおおよそ1本あたり¥670。
現像費用はデベロッパー+ネガシート込みで1本150円未満、フィルム+現像費用=¥800てな感じかな・・・
確かに大量に撮る人は大きな負担になるだろう。

同じ感度の100ft缶ではケントメアが安い、ヨド価格¥7,750。
安いけど悪いフィルムではない、ただ現像時間が長く撹拌に根気が必要なのです。
高温現像で早く切り上げる方法も有ると思うのだが残念ながら未テストでデーターが無い。
またドイツ・オルヴォ社のモノクロフィルム ORWO N74 (ISO400)も缶入りが有るものの
7.7m巻きらしく、4缶100ft相当買うと¥13,400との事、、、ちょっと使ってみたい。

話は変わるが、
毎回フィルムが値上げするタイミングに乗じ、銀塩中古市場の機材が安くなるような気がする。
タバコと一緒で、これを機会に銀塩から去る人も多いのだろう。
どなた様かタンスの隅に眠っている905swcやH1、俺に譲ってけろ。


・・・

「キャプテンハーロック」は既にツタヤレンタルされているみたい・・・連休中に見てみよう。


by ken_kisaragi | 2014-05-04 05:40 | 暗室日記

digital Domain 27

e0192530_2125581.jpg
e0192530_21252164.jpg



e0192530_21251719.jpg









by ken_kisaragi | 2014-05-01 21:29 | Digital Domain