鳥人の翼 In order to get

2014年 11月 17日 ( 1 )

暗室日記43 BERGGER/NB テスト2

e0192530_2055164.jpg


e0192530_20553281.jpg


引伸し機 ラッキー450MD
電球   富士150w
レンズ  Rodenstock アポロダゴンN 80mm
フィルター イルフォード
現像液  中外(1+9希釈)

露光タイムは短くケントメアと同等と思われる。
コントラスト強く、イルフォードFBに比べフィルター番数は1〜0.5低めで対処。
現像では1分少々で画像は立ち上がり、2分30秒で引揚げる。

大四つパッドでは2リッターの現像液を使用するのであるが紙厚が厚いためか吸収量が多く
12枚使用しただけで目に見えて液量が少なくなり、同時に印画紙の銀含有量が多いせいか現像液の変色も早い。

ウエット状態で見る画像は冷黒調でシャープな画像であるが、乾燥するとガラッとイメージが変わる。
冷黒調と感じた画像はフラットな純黒調に落ち着き、際立ったシャープ感もマイルドな方向に変化した。
・・・けっこう男前な画像なり。

評価蛍光灯や色温度の低い電球、また自然光下で見ても大きく色合いが変化しないのは嬉しいところ。
またダブルウエイトの厚み有る印画紙であるため乾燥時のカーリングが穏やかで、フラットニングもビシッと決まりそうである。

上質厚紙に銀タップリのエマルジョン、低い号数のフィルター使ってもしっかり黒が出るのには驚き。
純黒はベルゲールを使っていこう。






by ken_kisaragi | 2014-11-17 21:00 | 暗室日記