鳥人の翼 In order to get

01/26 雪が散らつく葡萄坂〜のどか村

和泉葛城山では積雪による無念の足つきを数回経験しているが、
葡萄坂や十三峠は凍結や積雪で引き返した記憶は7年間一度もなく
「日中であれば信貴生駒山系西側斜面は余程の大寒波が到来しない限り登るに支障は無い」
という妙な自信がある。(経験値によるもので何の確証もないw)


e0192530_11533237.jpg
山頂のとっくり湖 路肩の凍結が美しかった





土日は生業のため時間都合つかず、と言うことで小雪の降るなか信貴山クライムに出かけた。
冬のヤマサイは西風が強く追風状態で自宅から35分で登り口に到着。(案の定、帰路では向風に難儀する)
風の強い平日の極寒日ということもあってサイクリストを見かけたのは一度だけ、
何より車の往来が少なく走りやすかった。

自宅から登り口までの距離は13km、のどか村までのクライムが5.5km、
とっくり湖周回コースが3km程度だから往復40kmとなり、4時間足らずのサイクリング。
この日は曇り時々晴れ、気温は登り口で5度、のどか村がマイナス1度、
一部濡れた路面で凍結が見られたものの走るのに不都合は無い。




e0192530_11533466.jpg
この日の西向風は半端でなし、、小休止





一般的に冬は自転車のオフ・シーズンとされるが
春の毛虫から始まってアブ、ブヨ、蜂、目にたかる小蝿等々を思うに
信貴生駒山系西側斜面に限って言えば冬がベスト・シーズンかもしれないなぁ。
今月はもう1回は登りたいところなのだが、、、。


..............................................



夏に室内トレーナーを固定ローラーからピストと同じく固定ギヤのスピンバイクに変えた。
コイツの良いところは15kgあるフライホイールの慣性が働いて下死点での抜重タイミングを強制的に教えてくれる。
おかげでケイデンスは20%ほど高速化し、揚げ足のマイナスベクトルは大幅に少なくなったはず、、、
なんだけど、葡萄坂タイム更新は5%の短縮にとどまる。
感覚的には少なくとも10%を見込んでいただけにショボンの巻w
しかし心拍データーから判断すると、ペダリングスキルをスピードへと転化せず、
楽な省エネ・クライムへと転化しているんだろうね、実に俺らしい。(笑)



e0192530_11505204.jpg


..........................................



youtubeが観れなくなったアマゾンFire TV であるがFirefox 経由だと見れるとか?
ふむふむ。




























by ken_kisaragi | 2018-01-28 12:39