鳥人の翼 In order to get

コンタクトシートをデジってみる





e0192530_19562954.jpg





昔は六つ切りのRCペーパーでコンタクトシートを焼いていたが、
2年ぐらい前からネガを直接スキャナーで読み込んでコンタクトシートをデーター化している。

引伸し機のネガキャリアに装填するまでは、出来るだけフィルムにダメージを与えたくないので、
スキャンは6コマ6段のネガ袋に入れたまま読み取るという荒技で対処するところが俺らしい。
ネガの平面性やフォーカスに気を使う知人が知れば呆気に取られるだろうが
今のところ御指摘はない(笑)


コンタクトシートを一覧する場合、デジタルだと縦横自動検知してくれるが
フィルムの場合、縦で撮ったコマも横に寝かされるわけだがこれがけっこうムズイ。
RCペーパーで焼くコンタクトシートであれば至極当然の話であるが、
パソコンで取り込むからには一工夫したいところ。

自分の場合横長のフレーミングが多いので、縦長で撮ったコマをカットして
90度時計回りで回転させてペーストさせている。
面倒くさい作業であるが、Psにおいて一連の作業をアクション登録しておくと
思うほど手間もかからず、後々のセレクト作業ではストレスがかからずコマを一望できる。

コンタクトシートをデーター化すれば小さく見難い小判フィルムも拡大できるのでチェックしやすいし、
Psで粗焼きのシュミレーションも可能となり、展示やブックにおけるレイアウトシュミレーションにも
便利等、デジタル化による使い回しは多岐に及ぶ。

かれこれ10年以上使っているエプソンのスキャナーGT-X700は今も快調に動作中、
フィルム濃度チェックが可能なスキャナーソフト(VueScan)のデモ版を試用ているが
SilverFastと言うソフトも評判が高く一度試してみたい。
週末にデモってみよう。




........................






『Sons of Anarchy』というブラピ似の田舎のギャングが主人公のアメドラ
シーズンを重ねるごと面白くなって寝不足が続いたけどラストまで頑張って見終わった
これほど革ジャンと腰パンの似合う兄ちゃんは滅多にいない

























by ken_kisaragi | 2017-06-15 20:12