鳥人の翼 In order to get

『The Salt of the Earth 』









観たいと思いながら見逃してしまった
セバスチャン・サルガドに焦点を当てたドキュメンタリー映画『The Salt of the Earth 』をようやく
観ることが事が出来た。
YOUTUBEでの視聴料は300円、HDでの送り出しであるが4KTVで観ても画質に不満はなく、
動画もスチールもかなり高画質に収められている。

青年期より時系列的にサルガドの制作過程を追っていくという内容であり、
個性派ヴィム・ヴェンダースもここでは正統派ドキュメンタリー監督に徹し、
最新のプロジェクト「Genesis」へと至る過程が丁寧に描かれている。

「神の眼」を持つ写真家と呼ばれるのも頷けるほど、それぞれの作品には写真の根源的な力が漲り、
老若男女問わず誰が観ても胸に刺さる感動を覚えるのではないだろうか。

最新のプロジェクト「Genesis」からの使用カメラはキヤノン1Dシリーズ、
レンズは大三元ズームを中心に使用しているようだ。
オリジナルプリントはデジタル画像からデュープネガをシノゴフィルムで起こし
ゼラチンシルバーでプリントされているらしい。

wikiによると空港のセキュリティチェックが厳重化された結果、銀塩フィルムの輸送が著しく困難になったことを
契機にデジタルカメラへ移行されたとのこと、サルガドの地球規模のブロジェクトを考えるとなるほど頷ける。
ともあれ、これほど写真そのものに力あればメディア媒体を意識することもないけどね。

…………………………

『The Salt of the Earth 』の邦題を決定した責任者は誰だ!(笑)










by ken_kisaragi | 2017-04-02 22:46