鳥人の翼 In order to get

i'll Be Gone 3/35

HP5/D76(1:1)
22度10分
1分連続攪拌/以後30秒4回

e0192530_1247261.jpg

e0192530_1247470.jpg



国内量販店では驚くほど高価なHP5であるが、海外通販で仕入れた長巻を切り出して自家現像すると、
フィルム代+現像代+ネガ袋込みで36コマ1本500円を切る。
オートフォーカス、自動巻きあげ、自動巻き戻しのカメラをメインに使っていることもあり、
ブローニー時代に比べフィルムの消費は大きく増えたが35mmフィルムはとても懐に優しい。

撮影済みのフィルムが溜まるのは嬉しいことではあるが
フィルム現像は単調作業の繰り返しなので本数が溜まるとそれなりの忍耐が必要、
HP5の液温を22度としているのは時間短縮の為で1+1希釈20度だと13分、22度で10分と見込んでいる。
以降、停止定着水洗いから水滴取りまで一連の作業も退屈で楽しいものではない、
もしフィルムや白黒ケミカルが正常進化していたならば全ての工程はもっと迅速簡素になっていただろう。

もちろんフィルム現像という地味な作業をシコシコ続けているのは後に続くプリント作業があるからで
2コマでも1コマで焼いてみようと思われるショットがあれば報われる、、、
しかしヒット率は向上せずベタ焼く気にもならないことも相変わらず多い(笑)

今日は天気も良く、人出も多そうなので外出は避けw
年始年末に録った『あまちゃん』の一挙放送を見ながら溜まりに溜まったネガを現像する。











by ken_kisaragi | 2017-02-18 12:48