鳥人の翼 In order to get

LimeLight恒例企画展More LimeLight 終了いたしました




e0192530_21393177.jpg

展示プリントをPen-Fで複写





2017年最初の展示 となったMore LimeLight2017が無事終了、
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

……………………

今回の展示はA3ノビ目一杯のインクジェット用紙をドライマウント処理、
顔料インクジェットでは初めての試みであったが変色や剥離といった問題もなく無事額装ができた。
枚数増えると手間が大変だけど今後も出来るだドライマウント処理で額装したいと考えている。


以下、画像ソフトの備忘録

メーカーRAWで撮影、アドビDNGコンバータを使ってDNGへ一括変換、
以降Lightroomで現像処理、輝度や色温度を少々整えるだけで完了という
我ながらシンプルなワークフローであるが、少なからずレタッチを施したい場合もある。

Ps社外プラグインの代表格と言えばNIk、確かに隠し味程度に使うと効果的な場合も多い。
工夫すれば素のPsでも可能なエフェクト処理も多いがSharpener ProやSilver Efex Proのように
素早い処理が可能なコレクションも有るから手放せない、
とくにSharpener Proはプリント画像のシャープネスを予測しやすくお気に入り。

残念ながらNikがサポートされているのはOS X 10.7.5~10.10迄であり以降のOSに対するバージョンは無い、
とりあえずOS X 10.11 ElCapitanとCS6という自分の環境では問題なく動いているが
先行きは見えず、ちょい不安。

使用モニターのキャリブレーションは測定器による信頼性の高いものだが
己の目のキャリブレーションが不安定なのが情けない、
色フィルターを多用した海外ドラマの見過ぎかもしれないなぁw

カラープリントするときはお気に入りの William Egglestonの写真集をじっくり見て色判定の精度を高める、
という対策は一種のおまじないとも言えるかも。















by ken_kisaragi | 2017-01-24 21:46