鳥人の翼 In order to get

ReasonでMIDIフットコントローラーを使う  <その1>

DAWのMIDIコントローラーは今までいろいろと使ってきたが、足で操作するフットコントローラーの使用頻度が高い。
iPadのリモートアプリとフットコントローラーをセットで使えば、楽器から手を離さずDAWを遠隔操作できるので
楽器演奏の録音が随分ラクになる。


e0192530_2337306.jpg



現在使っているMIDIフットコントローラーは Line 6社のFBV ShortboardTM MkII という13個のフットスイッチと
ペダルが付いたタイプ、
以前はスイッチが4個付いたタイプを使っていたのだが、あっという間に物足りなくなってしまって
リプレイスした次第。
フットコントローラーの購入を考えておられる方が、もしこれを読んでおられたら
最低10個程度のスイッチを装備している機種をお勧めします。

再生、停止、録音、ループ、巻き戻し、カウント、メトロノーム、これを割り当てるだけで
7個のフットスイッチが必要であり、
ギターアンプシュミレーターや各エフェクトの割り当てを考えると13個あっても余ることはない。
ただ、これ以上スイッチが増えてしまうと足がウロウロしてしまう恐れもあるので
13個というのはイイ線かもしれないねw

アンプシュミレーターソフトは星の数ほど出回っているものの、MIDIフットコントローラーの選択肢は
思うほど多くない。
MIDIフットコントローラーでググるとハードエフェクターをMIDI信号でルーティングできるスイッチャーや
普通のマルチエフェクターボードがノミネートされ、DAW操作に特化した商品は驚くほど少ないのだ。

そん中でFBV ShortboardTM MkII はCCマッピングは簡単だし、ペダルボードとしての完成度も高い。
重く大きいが筐体は強固、スイッチは剛性感に溢れており、けっこう長持ちしそうなのが嬉しいところ。

e0192530_23202062.jpg



またReasonを使っているユーザーに対してはPropellerhead Remote.fbvと言うプリセットが用意されており、
再生、停止、録音、ループ、巻き戻し、カウント、メトロノームはマッピング済みで、
その他パラメーターのマッピングもRemote Overrideで容易に設定できる。

なぜかPropellerhead Reason® - FBV MkII : セットアップのチュートリアルには
「FBV-Default.fbvプリセットをロードしてください」と書いてあり、
どうしてPropellerhead Remote.fbvというReason専用のプリセットが有るのにデフォルトのプリセットをロードする必要があるのだろう?
おかげで大変時間を無駄にしてしまった。

またReasonのプリファレンスでFBV ShortboardTM MkII が<一般的なコントローラー>に
位置付けられてることに対し、
Line6社が心外である!とマニュアルの文面で文句謳っているのにはびっくりしたw
今はちゃんと写真入りでディバイス上がってるけどね。

e0192530_2321147.jpg



エレキギターだけでなくアコースティック楽器のMIC録りでも重宝するし、
再生、停止を繰り返すMIDI鍵盤による編集作業でも足が使えるとラクだから、今や手放せない一品となりました。









もうぼちぼち百鬼夜行2015のビデオも発売されるだろうと思うのだが音沙汰なし
wowowの放映が素晴らしかっただけにまちどうしい    Blu-rayはよはよ!















by ken_kisaragi | 2016-07-25 23:46