鳥人の翼 In order to get

Reason 9 is coming! 1

e0192530_0195516.jpg

このところ、鳴かず飛ばずのPropellerheadであるが、
新着ビデオの案内がYouTubeから届いた。









Reason 9の発売は秋かと思っていたが予想より早く、world-wideで6月21日よりHPでダウンロード出来るようだ。


Reason 9 is coming!!のビデオを見てから
あらためて、ふむふむ、しげしげとHPで詳細を確認してみたところ、
なによりも4ポリで動くデュアルアルペジエーターに強く惹かれてしまった。
ブロックやクリップ単位でのパターンチェンジは可能だろうから
コードバッキングマシンとしても使えそうな気がするし、工夫次第で何かと重宝に使えそうだ。
(間違ってたらゴメンなさいね)

新しく増えたディバイスグループ 『Players』には上記Dual Arpeggioに加えScales & Chords 、
Note Echoがある。
Note Echoというのはステップ・シーケンサーの要領で音符に対するエコーのかかり具合を決め打ちできるのかな?  今回のビデオではイマイチ理解できなかった。(背面パネルの端子構成も気になるところ)

Scales & Chordsというのは和音弾きを指一本でトリガーできたり、指定したアベイラベル・スケール以外の音は鳴らさない、という機能であり既に大半のDAWには装備済で新鮮味は無い。

その他細かな仕様変更もあり、ピッチ編集機能も装備されたが
ポリフォニック・オーディオには対応していないようだ。
あとスキンテーマの変更が可能で、ダークカラーなReasonが一瞬だけどビデオに登場していた。
残念ではあるが、シンセを筆頭に音源の追加や強化は今回のバージョンアップでは見送られた様子である。

自分は6.5から8へとバージョンアップしたばかりだから、REXファイル化がreason単体で可能になり、
Softubeのギターアンプも文句無しで大喜び!・・・という浦島太郎w
しばらくPropellerheadのサイトから目が離せないじょぉ〜。










by ken_kisaragi | 2016-05-20 09:51