鳥人の翼 In order to get

『Reason8』 その3 最初の第一歩

前回の続きです・・・


「Reason8を買ってみたものの、まったく使い方がわかりません」と言われたAさん宅へとヘルプに向かう。
そりゃ、インストールさえ出来ていないのに使い方が分かるわけがないw
Aさんというのは、あの聴き馴染んだステラをリッチーバイラークのようなボイシングを使って絢爛豪華に弾く論理派ではあるが、メカやパソコンには滅法弱い人なのだ。



e0192530_14113329.jpg




訪問して、ちょっとビックリしたのはオーディオ・インターフェイスを持っておられなかったということだ。(汗)
とりあえず、macのオーディオ出力端子からライン接続でBluetoothスピーカーを鳴らすようにセッティングする。
いくら遅延が少なくなったとはいえ楽器演奏においてBluetoothは使えない。
ソフトのインストール・オーサライズは自分の『Reason』で実施したばかりだから、作業はあっという間に完了。

初期画面を立ち上げて初心者が『Reason』を分かり難く感じるのは「ピアノ」とか「ベース」「ドラム」等の
楽器アイコンや名前が画面左のインスルメント・ブラウザーに表示されない事だろう、
ここが一般的なDAWと大きく異なり、敷居の高さを感じさせる一番の要因だ。

ブラウザーの中段に小さく表示されている『ID8インスルメント』というディバイスがベーシックな
音源ユニットであり、スタンダード MIDIファイルをインポートした時に立ち上がるディバイスもID8である。
ブラウザーからラックにドラッグアンドドロップすれば自動的にトラックが作成され、
一般的なDAWのように事前に新規トラックを作成する必要はない。



e0192530_14101173.jpg

ラインミキサーやコンビネーターを経由せずコンソールに直差しでスッキリぽんの図



このディバイスを3つラックに納めて「ピアノ」「ベース」「ドラム」とプリセットすれば基本的な
トリオ編成が組める。
楽器を増やしたければ、その分『ID8インスルメント』を増やしてプリセットすればよい。
もちろん『ID8インスルメント』の数だけシーケンストラックやチャンネルストリップも連動して組まれる。

ミキサーのチャンネルストリップにはEQやコンプが標準装備されているし、マスターにはディレイ、リバーブがセンド済みなので、とりあえずラフなミックスまでは簡単に作業できる。

メニューによりソング・スターターというテンプレートを使うことも可能で、
既に「ピアノ」「ベース」「ドラム」「ストリングス」がID8で組まれているから、
これを使用するのが手っ取り早いかもしれない。
メーカーがyoutubeで提供している初歩チュートリアルはドラムマシンを使ったビートメイクものが多く、
このテンプレートを使って最初の第一歩を解説されたもは不思議と見かけない・・・なんでやねん?
メーカーのプロペラヘッドとしても「使う人はつかってけろ」という程度なもんで、ID8をメインに使われることは
想定していないのだろうか? ・・・・わからなくもないけど(笑)


iOSの伴奏アプリ『iReal Pro』から Fly Me To The MoonのMIDIファイルを
『Reason』へドラッグアンドドロップして基本的な操作手順を実演する。
MIDIファイルをインポートすると一瞬で『ID8インスルメント』が4つ立ち上がり「カウント」「ピアノ」「ベース」「ドラム」のレーンが展開される。
ベロシティー整えて、ミキサーで音量調整や空間系のエフェクトを使ったり、一通りの流れを説明した。
『iReal Pro』のjazzドラムマッピングをGMフォーマットで鳴らすにはC3をF2に変更すれば大凡問題はない。

Aさんも基本操作は理解できたようで「これがやりたかったんですよ!」と大喜び。
音楽理論に詳しい鍵盤演奏者なので、32小節程度のピアノとベースのトラックを俺以上のスピードで打ち込まれたのにはびっくりポン! 
Aさんへのレクチャーはこれで終了。



e0192530_14151654.jpg

いい気候になってきたので、最近はどこへ行くにも快速フレッタ号



『Reason』の魅力はシンセやサンプラー、強烈に音を変化させる楽器的なエフェクトにあり、
CV/GATEのルーティングを含めると、ほとんどのイメージは形にできてしまう。
特にサンプラーやループ・プレイヤーの使い勝手はディバイスとの連携と相まって飽きがこない。
しかし、そこのところはオペレーションマニュアルを熟読しながら、ぼちぼち学習してもらうしかないじょぉ~

「オーディオインターフェイスはどれがいいですか?」と聞かれてので
「自分はApogee Duet という2ch入力を使っていますが、生ピアノ収録することを考えると入力は4ch以上あった方がいいでしょう」とだけ言っておいた。

おそらく明日にでもオーディオインターフェイスを買いに出かけられるだろうw
4ch以上あった方がいいでしょう、、などと言ったからApogee Quartetかな?
いやいやApogee Symphony I/O Mk IIくらい逝きそうな勢いだったから恐ろしい(笑)





























by ken_kisaragi | 2016-05-03 15:09