鳥人の翼 In order to get

Logic Pro X/El Capitan

e0192530_23582264.jpg


e0192530_23591981.jpg



今年の春からDAW環境をPro ToolsからLogic Pro Xに移行した。
かつて使っていたプラグインソフトもインストールやアクティベイトの作業が煩わしく放置状態であり
Logic Pro Xにバンドルされている音源やプラグインをメインに使用している。

ドラム音源はBFD2を長らく使用していたのだが、
バージョンアップは見送り、Logic Pro Xのドラムキットデザイナーを使用。
使ってみるとパラ出しはワンクリックで手間いらず、簡素ではあるがmic設定も可能、キットの数も俺的には充分、
なにより同一インターフェイスで作業できるのが嬉しい。

肝心の音なんだけどダイレクト感が少し乏しいような気がする。
ちょっとオフマイク的な感じなんだよね、、、カツン!とこない。
オケに入ると気にならないから、まぁ良しとするけどw

搭載されたプラグインの中ではEQ、コンプが使い易くお気に入り、
Space Designer(IRリバープ)はこれだけでもLogic Pro Xを導入する価値はあると思うくらい秀逸、
透明度が高く、イメージする空間設定に戸惑うことがない。

いまひとつ魅力の乏しいシンセラインナップもバージョンアップに伴い「Alchemy」を搭載、
「ホントこれ無償なの!」と驚く程のハイテクシンセだ。

このIRリバープにせよAlchemyにせよもともと他メーカーの商品であったが、
アップルのお家芸である企業買収による賜物。

あと汚し系のアナログモデリングが有ればもう言うことはなく、
ここはひとつUAD-2 Satellite Thunderboltを奮発しようと考えたが、
仕様を確認すると5つ程しかプラグインはバンドルされておらずガックリw



e0192530_23595892.jpg





mac純正のDAWと親和性の高いアポジーの組み合わせであるからOSのバージョンアップに不安はなく、
早速El Capitanをインストールしてみた。
ネットもフォトショもYosemiteに比べると画面のリドローが早くキビキビ動く、
Logic Pro Xも同様でパソコン本体をワンクラスUPしたかのように軽快だ。
プリンターやスキャナーも問題なく使用できた。

と喜んだ矢先「Core midi初期化中にエラーが起きました」というメッセージが勃発(笑)
八方手を尽くしたが原因不明、MIDI機器を再スキャンすれば復旧するという中途半端な状態なので
Yosemiteに戻すか、このままEl Capitanを使うか、、、、微妙なところなのです。








ワンリパ・Love Runs OutのPV ちょっとデビット・リンチぽい。
しかし、このお婆さんカッコよすぎ!














by ken_kisaragi | 2015-11-03 00:35